2012年08月06日 (月)一世一代の花☆長 麻未


高さおよそ7メートルの茎に咲く黄色い花
実はこの植物に咲く花は、ことししか見られないかもしれないんですよ!

20120803_141622ryu.jpg

今、市川市で話題の場所の1つ、「アオノリュウゼツラン」が開花した
市川市動植物園を取材で訪ねました。

 

アオノリュウゼツランは、メキシコ原産で、
別名センチュリー・プラント100年に1度開花するという意味の名前ですが、
およそ40年から60年に1度しか花が咲かないそうです。
さらに、花が咲くと基本的には実をつけ、植物自体は枯れてしまうそうで・・・。

やっと咲いたのに枯れてしまうなんて切ないですねぇ。

市川市動植物園には、アオノリュウゼツランが5株植えられていますが、
普段の姿は、この下の部分だけなんです。

20120803_160750nemoto.jpg

しかし、ことし5月中旬ごろから、開花の前兆とされる花茎が葉の付け根から伸び始め、
先月下旬から黄色い花が咲き始めました。
下の方から順に開花していって、およそ1ヶ月間咲き続けるということです。

20120803_161002nikaikara.jpg
※上の写真は建物の2階から撮ってみました。

高い位置に咲いているので、近くで見たり、触ったり、香りをかぐことは難しいのですが、
訪れた人たちは、花を珍しそうに見上げたり、写真に撮ったりしていましたよ。

植物園の受付の女性は、
「今後見られないかもしれないとご年配の方も暑い中来てくださるのは嬉しいのですが、
園内には、花が咲いていないものがあと3株あります。
もしかしたら、来年、再来年咲くかもしれないので、無理せず来て下さいね。」
と話していました。

詳しくは、市川市動植物園のHPをご覧ください。

開花状況なども写真付きで掲載されています。

 

★おしまいに★
開園25周年を迎えた動物園にも立ち寄りました。
「なかよし広場」では、ミニブタやヤギ、モルモットなどと触れ合うことができます

20120803_143121yaginoru.jpg 
なぜか椅子の上に乗っているヤギ。人懐っこくてどんどん近寄ってきます。

20120803_162924butasan.jpg
ミニブタといっても中型犬より大きめです。
ちょっと恥ずかしがり屋さんなのか、カメラを向けるとそっぽを向きます。

20120803_162631moruhure.jpg
モルモットもこのように触れます♪

市川で過ごした癒しのひとときでした。

投稿者:キャスター | 投稿時間:17時00分

ページの一番上へ