★9/23放送内容裏磐梯・桧原湖畔32キロを走る!>リポート

100キロ走破をめざす初心者チャリダー、堤下敦さん。
今回やって来たのは、福島の名峰・磐梯山のふもとにひろがる桧原湖。
磐梯山の大噴火がつくりだした高原の湖だ。
地元サイクルチームのみなさんのサポートのもと、桧原湖を一周する全長32キロに挑戦!

69歳
堤下さん、湖のほとりで地元の先輩チャリダーと待ち合わせ。
還暦からロードバイクを始めた69歳の先輩の、鍛え抜かれた体にびっくり!
「堤下さんもなれますよ!9年やれば!」

いざ出発!

ドクター竹谷のフィッティングによって、堤下さんの走りはどれだけ変わるのか?
湖畔沿いに平坦な道が続く今回のコースは、フィッティングの成果を試すのにうってつけだ。
だが、最後には、堤下さんの苦手な2キロの峠越えが待っている。

いい感じいい感じ
「いい感じいい感じ。オシリがいい感じですよ。」
フィッティングで交換した大きめのサドル。
おしりとの相性も良く、快調な滑り出しだ。

だが、出発して6キロ、堤下さんに異変が!
ハンドルから手を離して、しきりに握り直している。
お尻を気にしすぎて、ハンドルに荷重がかかり過ぎているのだ。

再び出発。腕のしびれは治まったが・・・
「腕は大丈夫ですか?」「首のほうが痛いです。」

スタートして19キロ。トンネルを抜けると、そこには!
「おおー!」「すごーい!」
「ここですよ!桧原湖・裏磐梯!」


湖畔の道で出会った裏磐梯の絶景。
明治21年の大噴火によって生まれたビューポイントだ。

さあ、最後の難関。
全長2キロにおよぶ登り坂。平均勾配5%の峠越えだ。

それでもやっぱり登りが苦手な堤下さん。
坂がきつくなってくると・・・だんだんガニ股に。
きつい坂でフォームが崩れ、ヒザが左右にぶれてしまうのだ。
これではペダルにまっすぐ力を加えられない。

「ヒザをもう少しフレームの内側へ」
先輩にアドバイスを頂くが・・・
フォームが崩れ、ますます体力を消耗してしまう悪循環。

それでも堤下さん、先輩達に励まされてなんとかクリア!

「毎回、坂の後は達成感がすごいですね!」

そして、湖一周32キロを完走。

先輩「次はとりあえず50kmですか?」
堤下「展開がはやい!」


最後は桧原湖をバックにみんなで記念撮影。
先輩チャリダーのみなさん、ありがとうございました!