海外放送事情

地域における公共放送の役割

〈第1回〉イギリス
ローカルテレビ新規導入とBBCの役割

イギリスの地域・ローカル放送は、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、イングランドの4つの地域と地域内をさらに細分化したリージョナルやローカルのレベルで行われている。ローカルでは、公共放送のBBCラジオが地元のニュース情報供給の中心となっている。しかし、BBC独自の地域やローカルにおけるサービスの拡大や拡充は、資源や競合他社との関係で実現していない。

イギリスでは、ロンドンやマンチェスターなど全国19の都市で初めてテレビによるローカルサービスが導入されることが決まり、その事業者がほぼ決定した。この計画の中では、BBCはサービスの主体ではなく、支援者としての役割を果たす。それは、受信許可料を使用して、ローカルテレビのインフラ構築のための立ち上げ資金の一部負担とローカルコンテンツを買い上げるという方法で資金提供を行うというものである。

これについて受信許可料をBBC以外へ割当るための方便という見方もできる。しかし、こうしたBBCと外部との関係を公共サービス事業のための“パートナーシップ”という経営理念としてとらえ直すことができる。

メディア研究部 中村美子