メディアフォーカス

英BBC 一部のテレビ番組を試験的にネットで先行配信

イギリスの公共放送BBCが,テレビで放送する前の番組をオンデマンドサービスのiPlayerを通して,インターネットで先行配信する試験的な取り組みを行うことが明らかになった。2012年12月に開かれたBBCの監督機関BBCトラストの戦略承認委員会の議事録が2月7日に公表され,その中に,番組のネットでの先行配信が承認されたことが含まれており,各メディアが一斉に報じた。

BBCトラストの議事録によると,12か月間で最大40 時間分の番組を,iPlayerを通じて,テレビ放送前に提供することが承認された。BBCの公式発表はないが,全国紙ガーディアンの取材に対しBBCのスポークスマンは,時期は決まっていないものの「今年中」には行う予定であることを認めた。どの番組を先行配信するのかは未定だが,幅広いジャンルの番組を配信し,利用者の反応を検証することにしている。

BBCでは,テレビと切り離したインターネット独自のコンテンツ開発は行ってきているが,テレビ用に制作された番組を放送前にネット配信するのは初めてである。

2007年末に導入されたBBCのiPlayerは,見逃した番組をパソコンやインターネットテレビなどで7日間まで視聴できるサービスで,2013年1月には前月より26%増の2億7,200件の利用を記録するなど着実に発展してきている。試験的とはいえ,テレビ番組をインターネットで先行配信することは,将来のテレビ視聴形態や,テレビ編成のあり方を大きく変える可能性があり,注目されている。

田中孝宜