国内放送事情

原子力報道に何が求められるか

~テレビ制作者たちとの対話~

地球温暖化対策などを名目に世界が新たな原子力発電所の建設ラッシュに向かう今日、原子力報道の重要度が高まっている。日本で原子力開発が始まって50 年、テレビ制作者たちはどのようなスタンスで原子力に向き合い、何を体験し、学び、そしていま何をメッセージするか。民放やNHKで長年原子力報道に携わった田原総一朗(ジャーナリスト)、小出五郎(元NHK)、岡原武(広島テレビ)、金平茂紀(TBS)の4人のテレビ制作者との対話を通して、今後の原子力報道のあり方を考える。

メディア研究部(メディア動向)七沢 潔