ホーム > ことば(放送用語) > 最近気になる放送用語 > 「見えづらい」

最近気になる放送用語

「見えづらい」

最近、放送で「…が見えづらい」と言う人がいますが、おかしな感じがします。

そのとおりです。

解説

接尾語の「…づらい」は「…するのが困難である。」という意味です。前にくることばは、「頼みづらい・聞きづらい・食べづらい」などのように、いずれも意思を伴う動詞が来るのが一般的です。それらは、本人の意思としては行おうとしながら思うにまかせないというもどかしさがある困難表現でもあります。

ところが、「見える・聞こえる」などの動詞は無意思性の動詞(自発動詞)ですから、「見えづらい・聞こえづらい」といった言い方に違和感を持つのです。

一方、似たような意味の「…にくい」は、意思の有無に関係なく使われる接尾語ですから、「見えづらい」は「見えにくい」と言うのが普通です。「見づらい」という言い方も当然あります。