ホーム > ことば(放送用語) > 最近気になる放送用語 > 「茶道」の読み

最近気になる放送用語

「茶道」の読み

「茶道」にはサドーとチャドーの二つの読み方がありますが、どちらが正しいのでしょうか。

放送では、現在どちらで読んでもいいことになっています。

解説

ただし、古くはチャドー、現在ではサドーが一般的だと言われています。『日本国語大辞典』によると、江戸時代まではサドーというのはまれで、茶頭(サドー)との混合を避けるためにチャドーというのが普通だったようです。今でも、茶釜、茶器、茶室、茶道具、茶の湯、茶会などの茶道関係のことばは、すべてチャです。したがって、「茶道」をサドーと読むのはむしろ例外的です。

茶道関係の専門書によれば、サドーをよしとする説では、これが禅院茶湯の伝統的な言い方である、という記述もあります。かつてキッチャテンとも言われた「喫茶店」が現在キッサテンにほぼ統一されたように、「茶道」もしだいにサドーに変化してきたことが推測されます。