放送現場の疑問・視聴者の疑問

 

「降灰」の読みは[コーハイ]?[コーカイ]?

鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳の火山活動に関連して、「広範囲に降灰」というニュースが伝えられていました。この「降灰」の読み方には[コーカイ]と[コーハイ]があるようですが、放送ではどう読んでいるのでしょうか。

「降灰」には[コーカイ]と[コーハイ]の2とおりの読みがありますが、放送では、耳で聞いてわかりやすい[コーハイ]にしています。 それでも、実際の放送では、なるべく「(火山)灰が降る」などと言いかえるようにしています。

解説
 

「灰」の音読みは[カイ]で、国語辞書の多くは[コーカイ]の読みを主見出しにし、<[コーハイ]とも読む>などと記しています。しかし、耳で聞いた場合[コーハイ]のほうが聞き取りやすいことや、専門分野(地震学・気象学の学術用語)での読みが[コーハイ]であることなどから、放送では[コーハイ]の読みをとっています。それでも、実際の放送にあたっては、「降灰」「降灰量」は、なるべく「(火山)灰が降る」「降った(火山)灰」「(火山)灰の量」というように言いかえるようにしています。

なお、火山の噴火による噴出物は、大きさによって「火山灰」「火山れき(礫)」「火山岩塊」に区分されます。

(メディア研究部・放送用語 豊島 秀雄)