ホーム > ことば(放送用語) > 放送現場の疑問・視聴者の疑問 > 「ゴールデンウイーク」「大型連休」どちらを使う?

放送現場の疑問・視聴者の疑問

「ゴールデンウイーク」「大型連休」どちらを使う?

4月末から5月初めにかけての連休について「ゴールデンウイーク」と 「大型連休」という言い方を見たり聞いたりします。放送では、どちらを使うか決めているのでしょうか。

原則として「大型連休」を使うことにしています。

解説

「ゴールデンウイーク」(黄金週間)は、連休で観客の入りがよかったため、この期間中に大作をぶつけるようになった映画界が、宣伝も兼ねて作り出したことばで、昭和27~28(1952~53)年ごろから一般にも使われるようになったようです。しかし、1970年代の「石油ショック」以降、「のんきに何日も休んではいられないのに、なにがゴールデンウイークだ」といった電話が放送局に何本もかかってくるなど抵抗感を示す人が目立ってきました。また、「外来語・カタカナ語はできるだけ避けたい」「長すぎて表記の際に困る」など、放送の制作現場の声もありました。そのうえ、週休2日制の定着で前後の土曜・日曜を加えると10日ぐらいになることもあり、ウイーク(週間)も的確な表現ではなくなってきました。このため、放送では原則として「ゴールデンウイーク」は使わず、「大型連休」を使っています。

ところで、この「大型連休」という言い方も、同じニュースや番組の中で何度も繰り返して言われると耳障りな場合があります。さらに、おととし以来の厳しい経済状況の中で、この言い方に抵抗感を持つ人も増えているものと思われます。このため、原則として「大型連休」という語を使いながらも安易に繰り返すのではなく「今度の(春の)連休で…」「この連休中(連休期間中)に…」「4月末からの(この○○日から始まる)連休で…」など、ときには別の言い方や伝え方を織り込むような表現上の配慮やくふうをすることも必要でしょう。

* 主な新聞社や通信社は、記事の中で以前は「ゴールデンウイーク」と「大型連休」をほぼ同じ率で混在した形で使っていましたが、最近は「大型連休」を使うほうが多いようです。同じ活字メディアでも、雑誌は旅行案内や若者向けの情報誌を中心に「ゴールデンウイーク」や頭文字をとった「GW」の表記が引き続き多く使われているようです。

「こどもの日小さくなりし靴いくつ」(林 翔)

(メディア研究部・放送用語 豊島秀雄)