放送現場の疑問・視聴者の疑問

「アメダス」とは?

梅雨の季節を迎えましたが、お天気の悪い日の放送で、「アメダスによりますと、現在の雨の降り方は・・・」などと言っているのをよく聞きます。この「アメダス」について、教えてください。

局地的な集中豪雨などを監視するために気象庁が開発した「地域気象観測システム」です。

解説

アメダス(AMeDAS)とは、地域気象観測システムの英語名-Automated Meteorological Data Acquisition System-の頭文字を並べた略語です。「いつ」「どこで」急に降るかわからない突発的な性格を持っている集中豪雨などによる気象災害を防ぐために気象庁が開発し、昭和49年(1974)11月から運用を始めました。全国およそ1,300か所の無人観測所から降水量や気温などのきめ細かいデータが気象庁に集まり、NHKなどの報道機関にも送信されています。

このアメダスの観測データによる雨の分布画面は、昭和58年(1983)4月からNHKテレビの天気予報やニュースに登場しました。続いて気温は翌昭和59年(1984)から、風(風向・風速)と日照が平成2年(1990)からテレビに登場しました。また、豪雪地帯を中心に全国およそ210か所で積雪量(積雪の深さ)を観測しています。

ところで、「アメダス」ということばがテレビに初めて登場したころ、「雨も降らないときにもアメダスと言うのはなぜか」「アメダスというのは、大阪弁で『雨だす(アメですよ)』という意味か」などの質問・問い合わせが放送局にあったという話を、読んだり聞いたりしたことがあります。この「の観測データをシステム」の名称を決めるにあたっては、気象庁ではAMDAS(アムダス)をはじめ幾とおりもの略語が候補にあがったそうです。その際、木村耕三さんという当時の観測部長が「即座にMeteorologicalのMeを採って、AMeDASにすることに決めたと言われる」と、命名の由来が『改訂版NHK気象ハンドブック』に紹介されています。

(『改訂版NHK気象ハンドブック』P12~15参照)

(メディア研究部・放送用語 豊島 秀雄)