2015年 国民生活時間調査

公開:2016年2月17日

「国民生活時間調査」は1960年から5年ごとに行い、日本人の睡眠や労働、家事、食事、テレビ視聴、インターネット利用など、普段の生活実態を「時間」という尺度でとらえようとするものです。

今、日本人の生活実態はどのようになっているか、また、時代とともにどのように変化してきたのか、などが調査結果からみえてきます。この調査の結果は、NHKの番組編成だけではなく、日本人の生活実態を明らかにする基本データとして広く活用されています。

このたび、最新の2015年調査の結果概要がまとまりました。

【2015年調査 結果のポイント】

  1. 減少が止まった睡眠時間~一層進む『早起き』、そして『早寝』の増加~
  2. テレビの視聴時間が高年層まで減少
  3. 広がるビデオ・インターネットの利用
  4. 続く長時間労働と働く時間の『早朝化』
  5. 急速には縮まらない家事の男女差
  6. 自由行動(レジャー活動・マスメディア接触など)の増加が止まり、必需行動(睡眠や食事など)が増加

詳細は報告書をご覧ください。 2015年国民生活時間調査報告書PDF

【調査データ】(抜粋・PDF)

調査データの一部を抜粋して掲載しています。(なお、エクセルデータは、関連書籍「データブック国民生活時間調査2015」付属のCD-ROMに入っています。)

用語の説明

  • 1日の行為者率・・・1日の中で該当の行動を少しでも(15分以上)した人が全体に占める割合。
  • 行為者平均時間量・・・該当の行動を少しでも(15分以上)した人がその行動に費やした時間量の平均。
  • 全体(員)平均時間量・・・該当の行動をしなかった人も含めた調査相手全体がその行動に費やした時間量の平均。
  • 標準偏差・・・平均値との差をもとに計算された、時間量の散らばり具合を示す値。標準偏差が大きいほど、散らばりが大きい。ここでは全体(員)平均時間量について算出。
  • 時刻別行為者率・・・ある時刻に(15分刻み)に該当の行為をしている人が全体に占める割合。

国民全体

  • 1日の行為者率・行為者平均時間量・全体平均時間量・標準偏差(いずれも平日・土曜・日曜)
  • 時刻別行為者率(平日・土曜・日曜)
    調査データPDF

男女年層別
※男20代・女20代の土曜・日曜のデータは、サンプルの実数が100に満たないため参考値

  • 1日の行為者率・行為者平均時間量・全体平均時間量・標準偏差(いずれも平日・土曜・日曜)
    調査データPDF
  • 時刻別行為者率(平日・土曜・日曜)
    調査データPDF

在学別
※小中高校生の土曜・日曜のデータは、サンプルの実数が100に満たないため参考値

  • 1日の行為者率・行為者平均時間量・全体平均時間量・標準偏差(いずれも平日・土曜・日曜)
    調査データPDF
  • 時刻別行為者率(平日・土曜・日曜)
    調査データPDF

【関連書籍のご案内】

2016年3月1日に「データブック国民生活時間調査2015」(NHK出版のホームページ)を発行

※NHKサイトを離れます