テレビ視聴とメディア利用の現在

~「日本人とテレビ・2015」調査から~

公開:2015年8月1日

2015年2~3月に実施した「日本人とテレビ・2015」調査の結果を報告する。この調査は,テレビに関する人々の行動や意識について定期的に測定し,その変化を探ることを目的として,1985年から5年ごとに行っている全国世論調査である。これまで,テレビ視聴の行動面だけでなく,意識の面からも長期的な変化をとらえてきたが,前回2010年調査では,質問項目を全体的に見直し,調査方法も個人面接法から配付回収法に変更した。本報告では2010年からの5年間に起きた変化を中心に報告する。

テレビは,調査を開始した1985年から30年の歳月を経ても,その高い満足度を維持するなど,人々の生活において親しいメディアであることに変わりはない。しかし,テレビに「毎日」接触する人の割合が8割を下回り,リアルタイムの視聴時間は全体でも短時間化に転じる一方で,録画したテレビ番組やインターネット動画を視聴する人は中高年層にも広がり,若年層では日常生活に浸透しつつある。また,テレビに対する肯定的な意識の低下や,全体的な評価としてのテレビの必要性の低下は,中高年層にもみられた。さらに,メディアの<報道>機能や,ニュースや情報を知るうえでの<速報性>といった,これまでテレビが他のメディアに比べて圧倒的に強いとされてきた面においても揺らぎが生じるなど,この5年の間に,テレビやメディアに対する行動や意識に,はっきりとした変化を見出すことができた。

世論調査部 木村義子/関根智江/行木麻衣

※NHKサイトを離れます

全文を見る PDF(2,297KB)