放送研究と調査(月報) - 目次

各国の「放送界の動き」に関する情報を掲載しています。

放送界の動き

英BBCトラスト,iPlayerを暫定承認

BBC の監督機関であるBBC トラストは1月31日,BBC のiPlayerについて条件付きのゴーサインを出した。iPlayerは,見逃したテレビ番組を放送後7日間インターネットやケーブルテレビでアクセスできるという「キャッチアップサービス」などで,BBCトラストが,新サービスの承認に必要な公共的価値の審査にかけていた。トラストは,放送通信の規制機関であるOfcom(Office of Communications)が実施した市場影響調査と,トラスト自身による公共的価値の評価結果を総合的に検討し,新サービスの技術仕様を現行の Microsoftだけに依拠せず柔軟な対応を行うことなど,いくつかの条件をつけ承認した。トラストは,今後の改善状況を見ながら,5月2日までに最終判断を下すとしている。

仏衛星放送の合併手続き完了,CANAL+ Franceが発足

2005年末に発表されたフランスの2大衛星放送会社,CanalSatとTPSの合併手続きが1月4日に完了し,新会社CANAL+ Franceが発足した。新会社の株主構成は,Groupe CANAL+が65%,TF1 が9.9%,M6 が5.1%,Lagardere は20%。同社は,有料テレビのCanal+(49%)のほか,CanalSat,TPSなどを100%子会社として傘下に置き,Groupe CANAL+の国内における有料テレビ事業を統括する。今後はTPSのCanalSatへの統合が進められ,ユーテルサット衛星で受信しているTPSの加入世帯をCanalSatのアストラ衛星に順次移行させる。年内にTPSは解散する予定。

独Premiere,Windows Vista向けにオンライン配信へ

有料放送Premiereは1月30日,Microsoft社と提携し,オンラインVODサービスをWindows Vista のホームエンターテインメント統合システムMedia Center上で利用できるようにする,と発表した。利用者は,Media Center上でPremiereが提供するサッカーやアイスホッケーなどの生中継や映画作品を3~9ユーロ(約470~1,400円)で購入し,DSL 回線を通じたライブストリーミングでパソコンのディスプレイかテレビ画面で視聴できる。利用にはPremiereの契約者である必要はない。 Premiereは昨年9月から自社のウェブサイト上でUEFAチャンピオンズリーグなどのオンライン生中継を有料提供しているが,Vista向けのサービスはより快適で安定したものになるとしている。この新サービスは2月20日から開始される。

伊Sky Italia,初めて10%の視聴シェアを超える

衛星有料テレビSky Italiaの視聴シェアが,12月25日の平均で過去最高の11.3%を記録し,イタリアの衛星放送として初めて10%を超えた。国内では従来の地上テレビ離れが進む中,Skyは2006年末に加入者400万を突破,Skyを含めた衛星放送の平均視聴シェアは2004年で4.1%,2005年で 5.6%,2006年で6.9%と順調に伸びている。1月7日付「Il Sole 24 Ore」紙は,イタリアでは,変化の速い嗜好の移り変わりと技術による新しい可能性を求め,視聴者はますます有料テレビを選択し,市場が「総合編成テレビ」から「専門テレビ」へと流れる傾向はもはや明らかであるとした。さらに,地上放送事業者にとって2007年は決断の年になるだろうと報じ,2008年には有料テレビは無料テレビ(広告+受信料)を抜くという見通しを示している。

欧州委,メディア多様性ワーキングペーパー発表

欧州委員会は1月16日,加盟国のメディアの多様性を測定する具体的な指標を決定するための行動計画を発表した。これまで欧州議会や欧州メディア研究所など非政府機関は,メディア分野におけるグローバルな競争環境と資本集中の進展が民主主義に不可欠なメディアの多様性や表現の自由に与える影響について継続的に懸念を表明してきたが,今回欧州委がこれに応えた形。計画は3段階からなり,第1段階は今回発表したワーキングペーパーで,これはメディア多様性の促進についての諸機関がこれまでに取りんできた成果と,欧州27か国の視聴覚・印刷メディアと所有規制の現状をまとめたもの。次に2007年内に,メディア多様性の測定指標を決定するために第三者機関へ研究委託を行う。この結果を受け,2008年内にメディア多様性の測定指標についての委員会通達を発表し,公開意見募集を行う,とされている。