「超」が付くことば

公開:2018年7月1日

Q
頭に「超」が付くことばをよく耳にしますが、放送で使ってもいいものでしょうか?
A
「超満員」など名詞に付くものは、従来の使い方であるものが多く、放送で使っても問題はありません。一方、「超暑い」「超快適」「超食べる」など、「形容詞」、「形容動詞(の語幹)」「動詞」の頭に「超」が付くことばは、俗語的な使われ方です。放送のことばとしては、抑制的に使うほうがよいでしょう。

<解説>

「超」が頭に付くことばにはいろいろあります。まず、「超満員」「超高層ビル」などのように、名詞に付いて、「程度が特に極端なものである」ことを示す場合に使われます。また、「超現実主義」「超心理学」などのように、「あるものから極端に逸脱している」ことを表す場合もあります(参考『大辞林第三版』)。

一方、こうした従来の使われ方とは別に、以下の例のように、形容詞・形容動詞・動詞などの頭に「超」を付けて、「すごく」「とても」の意味を表す言い方が、若い人の間を中心に広く使われるようになりました。

  1. 「超+形容詞」・・・「超おいしい」「超寒い」「超かっこいい」など
  2. 「超+形容動詞(の語幹)」・・・「超優秀」「超快適」「超安全」「超ハンサム」など
  3. 「超+動詞」・・・「超食べる」「超むかつく」「超怒る」「超うける」など

こうした、名詞以外の語に「超」が付くことばは、若い世代の人を中心に使われる俗語的な使われ方です。ふだんの会話の、カジュアルな場面で使ったりするのは、否定するものではありませんが、現在のところ、放送のことばとしては、控えるか、演出上使う場合も、抑制的に使うほうがよいでしょう。

もっとも、「超越」など「超」を含む二字熟語は、古く室町時代や江戸時代の辞書にもありました。それが、明治期あたりから接頭語的に使われるようになり、その後次第に造語力を増し、現代の「すごい」を表す用法に至っています。『三省堂国語辞典第七版』には、「1980年代に広まった言い方」とあります。もうすでに、40年近くにわたり、若い世代の支持を集めている「超」は、最近では、「超」より「すごい」表現として「超超~」「極超~」「超超超~」などの進化形も登場する一方、「超MM」(ちょうマジムカツク)など、新しい言い方との組み合わせも見かけます。これから、「超」の用法がどこまで広がって行くのか、「超超MH」(非常に目が離せない)な語だと言えるでしょう。

(参考)
塩田雄大(2014)「ことば言葉コトバ『超行く!』」『放送研究と調査』
矢澤真人(1992)「造語の世界と「超」」日本機械学会誌 Vol.95, No.887, p. 906-910

メディア研究部・放送用語 滝島雅子

※NHKサイトを離れます