NHKアクセント辞典"新辞典"への大改訂③

「数詞+助数詞」の発音とアクセント

~変化の動向と新辞典への反映~

公開:2016年9月1日

『NHK日本語発音アクセント新辞典』(2016年5月発行)への改訂作業の柱の1つである付録部分(資料集・解説パート)のうち、最大のコンテンツが「数詞+助数詞の発音とアクセント一覧表」である。今回の改訂では、放送現場からの強い要望に応えて、放送でよく使われる助数詞や発音・アクセントに迷う助数詞を新たに項目に追加し、これまでの、数詞「1~10」に加えて、「11~100、1000、10000」や「何(なん)」に助数詞が付いた場合の発音・アクセントも示すなど、大幅に内容を充実させた。また、アナウンサーによるアクセント調査の分析や、語ごとの丹念な検討結果を反映させ、現代の放送によりふさわしく、違和感のない発音・アクセントに一新させた。その内容と特徴を詳しく解説する。今回のアクセント辞典の大改訂で「一覧表」に反映させた内容から、一層「単純化」の方向へ推移している「数詞+助数詞の発音・アクセント」の変化の傾向が伺える。その一端も報告・解説する。

メディア研究部 滝島雅子 

※NHKサイトを離れます

全文を見る PDF(1,593KB)