ホーム > 刊行物 > 不定期刊行物 > NHK中学生・高校生の生活と意識調査2012 ~失われた20年が生んだ“幸せ”な十代

刊行物

NHK中学生・高校生の生活と意識調査2012 ~失われた20年が生んだ“幸せ”な十代

中学生・高校生の生活と意識調査 ~楽しい今と不確かな未来

中高生の90%以上が「幸せだ」と感じているのはなぜか―全国の中高生と親を対象に10年ぶりに実施した「NHK中学生・高校生の生活と意識調査」の結果から、現代の中高生が抱く幸福感の背景を探る。

バブル崩壊後の“失われた20年”のなかで育ち、携帯電話でインターネットを使いこなすいまどきの中高生たち。1982年以来30年間にわたり蓄積したデータをもとに、学校生活、いじめ、勉強、親子関係、心理状態、社会観など幅広いテーマに沿ってその姿を読み解く。

尾木直樹氏(教育評論家)、菊池桃子氏(タレント、戸板女子短期大学客員教授)、古市憲寿氏(社会学者)ら各界の識者のインタビューも掲載。

(B6版292頁)

2013年6月25日発行

主な内容

はじめに


序章   “幸せ”な中高生を育てた日本 ―調査の概要と時代背景―

第1章  楽しい学校に潜むいじめ

第2章  ネットでつながる身近な友だち

第3章  成績は親に左右される?

第4章   イマドキ男女の役割分担

第5章  中高生が幸せな理由

第6章  ネットでつながる“幸福”な中高生―「2013年 春の研究発表とシンポジウム」より―


巻末データ集

インタビュー 尾木直樹・菊池桃子・古市憲寿

 

編集

NHK放送文化研究所

〒105-6216 東京都港区愛宕2-5-1
愛宕MORIタワー16F
電話:03-3465-1111(NHK代表)

発行

NHK出版

電話:0570-000-321(お客様注文センター)

入手方法

書店またはNHK出版にお申し込みください。

定価:本体1,800円(+税)