• 最新
  • 国内メディア
  • 海外メディア
  • 世論調査
  • ことば
  • 歴史放送史

NHKの刊行物

表紙

放送研究と調査 2017年9月号臨時増刊 パラリンピック研究

パラリンピックと放送に関する研究をまとめた、『放送研究と調査』の臨時増刊号です。昨年のリオデジャネイロパラリンピックの放送についての文研のさまざまな研究成果をはじめ、“障害者がスポーツをすること”の社会背景や価値観の変遷について考察した外部研究者による論文も掲載しました。

詳細

表紙

NHKデータブック 世界の放送2018

放送界に何が起きているのか?世界の66の国と地域の現状がこの1冊でわかります。1年間のトピックスを集めた動向、そして放送業界を支える制度や仕組み、放送・融合サービスなど、情報をコンパクトにまとめています。

最新号の詳細バックナンバー

表紙

年報2018 第62集

『年報』は、放送とメディアに関する調査研究をさらに深く掘り下げた論考集で、年に1度刊行しています。最新刊は、「放送法」改正を有識者会議の変遷から検証した論考に、教育番組国際コンクール「日本賞」の50余年の歴史からみつめた教育とメディアの変容、世界の公共放送の制度と財源報告の3本の論文を掲載しています。

最新号の詳細バックナンバー

表紙

NHK年鑑2017

『NHK年鑑』では、NHKを中心に放送界の1年間の動きを記録しています。
最新刊には、「スーパーハイビジョン(4K・8K)」「インターネット同時配信」の動向を含めた、2016年度の放送界の動きを掲載しました。

詳細

表紙

テレビ・ドキュメンタリーを創った人々

テレビ草創期から今日まで、テレビ・ドキュメンタリーは多様に姿を変えて発展し、個性豊かな名作、話題作が生み出されてきました。本書では、こうした番組のさまざまな“創り手”たち(ディレクター、カメラマン、映像編集者)の仕事ぶりに迫ります。『放送研究と調査』連載「テレビ制作者研究」シリーズを書籍化しました。

詳細動画ページへ

表紙

NHK日本語発音アクセント新辞典

NHKアクセント辞典が新しくなりました。
NHKアナウンサーへの調査など、膨大かつ詳細なデータをもとに「放送で用いるのにふさわしいことばの発音・アクセント」を掲載した『新辞典』です。本編の収録語数は7万5,000。新しいアクセント記号を採用し、見出しの立て方も“国語辞典方式”になって、より使いやすくなりました。

詳細ポイント解説動画Q&A