文研ブログ

放送博物館 2017年10月06日 (金)

#97 企画展「ヒロインたちの肖像 連続テレビ小説ポスター展」をもっと楽しむ!

放送博物館 堀田伸一

NHKの連続テレビ小説は現在放送中のわろてんか』で第97作を数えます。NHK放送博物館では、この連続テレビ小説のポスターを集めた「ヒロインたちの肖像 連続テレビ小説ポスター展」2018年1月28日(日)まで開催しています。今年の1~2月に開催した「NHK大河ドラマ"蔵出し"ポスター展」に寄せられた「朝ドラの展示も見たい!」という声にお応えするものです。
今回の記事では、この企画展を何倍も楽しく見るためのポイントをご紹介します。

97-chirashi.jpg


●  ポスターに見る「ヒロインたちの肖像」
今回の展示のメインは、なんといっても、当博物館で所蔵している、連続テレビ小説77作品・310種類の広報ポスターから厳選された49点のポスターです。連続テレビ小説のポスターは、ヒロインの顔が大写しになったものが多いのが特徴です。

97-1006-11.jpg 97-1006-22.jpg 97-1006-33.jpg

ポスターごとのヒロインの描かれ方や表情の違いを比べると、今回の企画展が何倍もお楽しみいただけると思います。


●  オープニング映像
今回の企画展では、ポスター展示のほか、NHKに映像が現存する91作品について、オープニング映像の冒頭部分を視聴できるコーナーを設けています。オープニングに描かれた日本各地の美しい風景や、懐かしのテーマ音楽をお楽しみいただけます。
また、出演者などのクレジットに目を向けると意外な発見があるかもしれません。例えばちりとてちん』(2007)のオープニング映像には、のちに『ゲゲゲの女房』(2008)でヒロインを演じる松下奈緒さんが「テーマ曲ピアノ演奏」でクレジットされています。
クレジットの中には、作品のリアリティを追及するための「時代考証」や「方言指導」なども表示されています。ヒロインの母の実家がかまぼこの老舗という設定だった『天花』(2004)の「かまぼこ製作指導」、戦時下が描かれる『梅ちゃん先生』(2012)の「竹やり指導」など、ちょっと変わったクレジットを探すのも楽しみ方のひとつです。


●  「職業でみるヒロイン像」「ヒロインを愛した男たち」
ヒロインの生涯が描かれることが多い連続テレビ小説では、ヒロインの職業や伴侶は重要な要素です。今回の企画展では、これまでのヒロインたちの職業と結婚相手を、写真で振り返ることのできるコーナーも設けています。
「職業でみるヒロイン像」からは、アイドルから宇宙飛行士にいたるまで、実にさまざまな職業で活躍する姿が描かれてきたことがわかります。「ヒロインを愛した男たち」に目を向けると、渋い演技が魅力的な実力派俳優からお笑いタレントにいたるまで、こちらも実にさまざまなタイプの男性の顔が並びます。
多種多様な職業や結婚相手を切り口に、ヒロイン像を思い浮かべながらポスターを眺めれば、ポスターに描かれたヒロインの表情も一味違って見えてくるはずです。

97-1006-44.jpg 97-1006-55.jpg

このほか、連続テレビ小説に欠かすことのできない、名優や往年の名アナウンサーたちによる「語り」を楽しむことのできるコーナーや、老若男女で楽しめるクイズコーナーもあります。ぜひ、期間中にNHK放送博物館にお越しください。

「ヒロインたちの肖像 連続テレビ小説ポスター展」
2017年9月30日(土)~2018年1月28日(日)


NHK放送博物館

休館日 :月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は火曜日休館)、年末年始
入場料 :無料
開館時間:午前9時30分~午後4時30分
所在地 :〒105-0002 東京都港区愛宕2-1-1  
TEL  : 03-5400-6900

 hakubutukan-chizu.gif
(ホームページはこちら)