文研ブログ

調査あれこれ 2024年05月16日 (木)

若年層のSNS利用① 使っているサービスは ?【研究員の視点】#541

世論調査部 (視聴者調査)芳賀紫苑

あ~、やっと寝てくれた!
4歳・1歳の子育て中の筆者にとって、寝かしつけを終えたあと、布団の上で一息つく時間は、貴重な"自分の時間"である。
やり残した家事が頭をかすめつつ、もぞもぞとスマホに手を伸ばし、まずはXを開く。トレンド欄にて世間で盛り上がっているハッシュタグを一通りチェックしたら、お次はInstagram。おしゃれなレシピ動画や華やかなファッション投稿をスクロールして現実逃避しているうちに、あっという間に30分近くたってしまった。結局、起き上がる気力はわかず、そのまま、スマホとともに眠りにつく―。

30代半ばの筆者がSNSを使う際の典型的なシーンです。主にメッセージのやりとりのために利用しているLINEを除くと、使っているSNSはX・Instagramの2つです。20代の頃によく見ていたFacebookも、はやっていると聞いてインストールしたTikTokも今ではほとんど使わなくなってしまいました。

世の中の人たちは、どのSNSを利用しているのでしょうか。文研が2022年に行った世論調査の結果で確認してみましょう。図1は主要SNSの利用率を年層別で示したものです。Twitter(調査当時:現X)とInstagramは、16~29歳でともに66%と半数を大きく超え、他の年代よりも利用率が高くなっています。TikTokも同様に16~29歳での利用率が他の年層よりも高く、約3割となっています。ちなみにLINEは、16~29歳で90%、60代でも58%と、どの年代でも他のサービスよりずばぬけて高く幅広い年代で利用されています。LINEを除くと、主要SNSの多くは若年層によく使われているサービスだということがわかります。また、サンプル数が少ないため参考値となりますが、16~29歳をさらに男女別で分析すると、InstagramとTikTokは男性よりも女性、Facebookは女性よりも男性で利用率が高い結果となりました(図2)。

hagasan_graph1.png

hagasan_graph2.png

若年層のSNS利用 その特徴は?
ここからは、16~29歳に対象を絞って実施した別の調査(WEBモニターアンケート*)の結果から、若年層のSNS利用にどのような特徴があるのかを詳しくみていきます。16~29歳の若年層は、どのような組み合わせでSNSを利用しているのでしょうか。
*調査概要 2023年2月実施・全国16~29歳男女(調査会社のインターネットモニター)1,280人

図3はLINEを除いたSNSの利用の組み合わせを示しています。注目してほしいのはTwitter、Instagram、TikTok、Facebookのいずれか1つだけを利用している人の割合です。16~19歳では男性41%、女性24%、20~29歳では男性42%、女性27%と、どちらの年層も男女で10ポイント以上、離れています。男性でも複数のSNSを利用する人は多いですが、ひとつのSNSだけを利用する人は女性よりも男性のほうが多い傾向にあるようです。

hagasan_graph3.png

SNSの長時間利用 その背景は?
では、利用する時間は年齢や性別によって違いはあるのでしょうか?休日を除くふだんの日(平日)にどのくらいの時間、SNSを利用するかたずねました(図4)。「3時間くらい」よりも長い時間利用していると回答した人の割合をみていきます。まず16~19歳では、男性は27%、女性は41%と14ポイント上回っています。20代では、16~19歳に比べ男女ともに長時間利用の割合は下がっていますが、女性のほうが男性よりも、長時間利用している人の割合が高い傾向は変わりません。

hagasan_graph4.PNG

では、SNSが「3時間くらい」以上と回答した人たち(以下、"3時間くらい以上")と、「3時間くらい」未満と回答した人たち(以下、"3時間くらい未満")ではどういった違いがあるのでしょうか。参考までに、SNSに対する意識をご紹介します。(図5)。

hagasan_graf5.png

「SNSの内容を話題にすることが多い」「SNSで話題になっていることは知っておきたい」という項目に「あてはまる・まああてはまる」と回答した人は、"3時間くらい未満"でも約6割と多数派ですが、"3時間くらい以上"では約8割にのぼります。SNSが、友人などまわりの人との話題のきっかけになっていることを示すもので、SNSを実生活のコミュニケーションツールとして使っている人が多い傾向にあることがうかがえます。同時に「SNSをチェックしないと不安だ」という項目に回答した人も"3時間くらい以上"では約7割と、"3時間くらい未満"の5割を上回っています。「SNSをチェックしないと不安だ」という気持ちから長時間利用につながっているのではないかということも推測されます。

今回のブログでは、若年層に注目して、SNSの組み合わせや利用時間をご紹介しました。さて、冒頭に記したように30代半ばの筆者は後半で紹介したWEBモニターアンケートの対象年齢にはあてはまりませんが、SNSで話題になっていることは知っておきたいと思いますし、SNSの内容を家族や友人と話題にすることも多くあります。夜な夜なスマホでSNSを見てしまうのは、チェックしないと不安だという思いが少なからずあるからです。複数のSNSを利用し、その楽しさにハマっていくほどに、抜け出せなくなる傾向は、若年層に限らないのかもしれません。次回のブログでは、最もよく利用するSNSに注目して、若年層の特徴を分析してみます。

『放送研究と調査』では、人々のメディア利用について、さまざまな調査結果を報告しています。 また、今月開催する文研フォーラムでも、24日(金)プログラムCの後のミニコーナーにてこの内容のエッセンスをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

文研フォーラムの視聴申し込みは5月17日(金)までとなっています。こちらのページからお申し込みください。
forum2024


おすすめ記事
『放送研究と調査』2022年11月号 
人々は放送局のコンテンツ,サービスにどのように接しているのか|NHK放送文化研究所

【芳賀 紫苑】
2010年入局。山形放送局・制作局でディレクターとして番組制作を担当。2021年より放送文化研究所で視聴者調査の企画・分析に従事。