BSマイル

BSネットサービストップ

※NHKサイトを離れます

premium ecommendBSプレミアムのおすすめ番組を紹介します。

BSマイル対象番組
プレミアムよるドラマ『その男、意識高い系。』
date
2015年3月 3日(火)スタート
(連続8回)
time
午後11時15分~11時44分

伊藤歩さん演じる「意識高く“あろうとする”女子」と、林遣都さん演じる「意識高い“系”男子」が繰り広げる、笑って泣けて、ふと我が身を振り返りたくなる、心に沁みる新鮮な人間ドラマをお届けします。 入社10年目、大きな仕事を任され、恋と自分の人生を見つめ始めた女子社員が、 巻き込まれる新感覚のハートフル・コメディ!

林遣都さんintetview

  • つい“野望”とか言っちゃった!
  • かわいくない…!? 女装シーンも
  • 僕って面倒くさい相手役?
  • いちばんすごい“意識高い系”セリフ
  • 一条ジョーが勤める“株式会社 早乙女会計ソフト”に潜入!
“意識高い系”という言葉、知っていますか? 自分の経歴や人脈をことさらにアピールし、言葉での自己演出が過剰な若者のことを皮肉った、イマドキの表現。このドラマでは、そんな“意識高い系”男子が登場、ある中小IT企業に入社して大騒動を起こします。その“意識高い系”一条ジョーを演じるのが林遣都さん。スタッフ皆が口を揃えて「真面目な人」と評する林さん、果たして一条に共感するのか!?

つい“野望”とか言っちゃった!

まず、林さんが演じる“意識高い系“の一条ジョーって、どんな人ですか?

突然現れて、いろんなものをぐちゃぐちゃにしちゃう新入社員。自分のアイディアを必要以上に表に出して、周りを振り回すんです、が…その言葉にすごく力があって、「こいつすごい」とか「信じてもいいんじゃないか」とか思わせるような不思議な力を持っている。あ、でも説得力は全然ないんです、基本的に言ってることとやってることが合ってないので。言ってしまうと「口だけ人間」。

台本を読んだときの、一条に対しての率直な感想を教えてください!

とにかく「やりがいのある役柄だな」って思いました。ムチャクチャなことをして、勝手に自分で盛り上がって勝手に傷ついて…。一条という役は、いわばコメディーに絶対必要な存在だと思います。“意識高い”カタカナ言葉とかも早く言いたいなって。どれだけわざとらしく、スラリと言えちゃうかがポイントだな、と。

少し失礼な質問かもしれませんが、ご自身との共通点はありますか?

ないです! でも、キャラクターが濃いし撮影も結構ハードなので、ふだんから「一条ジョー」になっていないと切り替えが難しくて。なので、現場でも一条のままで皆さんに接して、失礼な態度をとってるんじゃないかと心配になったりします(笑)。あと、友達との会話の中でつい、ちょっとカッコイイこと言おうとしちゃったりとか! 昨日もLINEしてて、「いや、オレの野望はもっと大きいから」って無意識に。送ってから、「あ、“野望”とか言っちゃったよ!」って。まぁ、ふだんからそんな感じでないと演じられないくらい強大な役柄ではあるのですが…。

一条はSNSを使いこなしていますが、ご自身は?

TwitterもFacebookもやったことがないので、今回そこは大変でした。一条は常にスマホとタブレットでSNSをチェックして、他人の反応を気にしていますが、僕はもう全然逆で、むしろ世間の声を聞きたくないっていう…。

かわいくない…!? 女装シーンも

ドラマの中でコスプレ?するシーンが多くあります。例えば「ロミオとジュリエット」。しかも林さんがジュリエット?

はい、ブロンドヘアでドレスを着て、きれいにしてもらって。でもヒゲが消えず… 。撮影後にモニターで確認したら、照明さんの腕でヒゲは消えてて、すっごく美しく撮れてました。

クセになりそう、とかはないですか?

ないですね、全然。というか僕の女装、全然ダメでした。もうちょっと女性っぽくかわいくなるかなと思ったら、自分で鏡見て「あ、全然ダメだめだわ。」って(笑)。

制作スタッフ:はい…そんなにかわいくないなって思いました(笑)。

アハハハ! そうなんですよ。でも、もちろん本番はすごく気持ちを込めてやりましたけど。

ジュリエットのほかにも、「太陽」「△△」「踊る◯◯」…。

はい、太陽のかぶりものして、監督に「は〜い、最高の笑顔を一発くれればいいから〜」って言われて、「ニカッ!」。印象的だったのは、このドラマ終盤のシーンです。詳しくはまだ秘密ですが、ある格好をしてダンスを踊るんです。僕はセンターに立ってもうノリノリで踊りました!

あとは、「バレーボールを顔面で受け、スマホを手にしたまま吹っ飛ぶ」というシーンも台本にありますが。

はい…(笑)。撮影はこれからです…。

制作スタッフ:監督に「顔面にボールってどうするの?」って聞いたら、「いや、当てますけど?」ってサラッと言ってましたよ(笑)。

え〜っ!!!

僕って面倒くさい相手役?

現場の雰囲気はいかがですか?

キャストの皆さんが素敵なんです。特に、このドラマの主人公・春子さんは、身を削って真面目に働いて奮闘する女性。演じる伊藤歩さんも春子みたいに、まるで全シーンに出てるんじゃないかっていうくらい大変なスケジュールで。連日早朝から撮影なのに、疲れを見せないで打ち込んでいて。だから、現場はみんな伊藤さんについていこうっていう雰囲気です。僕のほうは…「伊藤さんに嫌われたくないな」って(笑)。僕はいろいろ自由に演技できる役柄だし、そうしなきゃいけないと思うんですが、春子さんはそんな僕の演技に全部反応しなくちゃいけないので。こんな面倒くさい相手役はすごくストレスになるんじゃないかなって、最初は不安でした。とにかく、駆け抜ける春子さんを見ながら、僕も突っ走らなきゃ! ていう感じです。

いちばんすごい“意識高い系”セリフ

最後に、お気に入りの“意識高い”セリフを教えてください。

そうですね…、実は今日の撮影でいちばんすごいセリフがあったんです。「ザ・こいつ何言ってんだ?」っていう(笑)。昨日まで家でずっと覚えていて…あ、なんだっけな、無事終わったら忘れちゃった。ちょっと台本を…そうそう「社長は、今まで…(中略)リスクヘッジの一環でエンターテインメントビジネスコミット(中略)チャレンジをエンカレッジする意味でも(中略)ラン・コミュニケーションズとしてリボーンするべきだと…」。

すごいですね。ちんぷんかんぷんです。

これ以外でも自分で「意識高い系が使う言葉ランキング」みたいなのを調べて、アドリブで使いたいなと思ったんですけど…意味がわかってもなかなか使うのが難くて…。なのでいちばん好きな“意識高い”言葉は、そうですね…あ、「リスクヘッジ」とか、わりと好きかな。

リスクヘッジ!?

いや、でもやっぱり、いちばんの僕のお気に入りは「スタートアップ」って書いておいてください!

★「ザ・こいつ何言ってんだ?(by林さん)」という一条のセリフは第2話に登場!

 

※リスクヘッジ…起こりうるリスクを予測して、それを軽減したり回避したりする手段をとること。

 

※スタートアップ…そもそもは「始動」「立ち上げ」の意味。一条ジョーによると「日本ではベンチャー企業がスタートアップって呼ばれたりしますけど、ほんとは違うんです。スタートアップって新しいプロジェクトのことを言うんです」とのこと。このセリフ、第1話で登場するかも!