日めくり版

今回の「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」は、オランダ、ベルギー、オーストリア、チェコを、それぞれ10日間でまわる旅程でした。
それぞれの旅を、特集番組(89分)とは別に、1日ごとの日めくり版(15分)として、10日間放送します。
日めくり版は、特集番組では紹介しきれなかったシーンも満載。関口知宏さんと地元の人々の、温もりのあるふれあいを、さらに満喫できる番組です。

フェルメールが生涯を過ごしたデルフトを出発し、オランダ最北端の駅ローデスホールを最終目的地とする10日間。オランダのすみずみまで巡って、人々と触れ合った1022キロの旅を紹介します。

旅の1日目

1月4日(月)

1日目は画家フェルメールの故郷、デルフトからスタート。平和宮のあるハーグを経由し、ライデンへ向かう。

(写真)旅の1日目

旅の2日目

1月5日(火)

2日目はライデンをスタートし、チーズの名産地、ハウダへ。再び列車にのり、港町・ロッテルダムに向かう。

(写真)旅の2日目

旅の3日目

1月6日(水)

3日目はロッテルダムをスタートし、ドルドレヒトへ。世界遺産として知られる風車の里、キンデルダイクなどを歩く。

(写真)旅の3日目

旅の4日目

1月7日(木)

4日目は隣国ベルギーの飛び地が点在する不思議な街へ。更に列車に乗り、白い家が建ち並ぶ集落・トルンを訪ねる。

(写真)旅の4日目

旅の5日目

1月8日(金)

5日目は第二次世界大戦で激戦地となり、映画『遠すぎた橋』の舞台となったアルンヘムへ。更に星型の城塞都市を訪ねる。

(写真)旅の5日目

旅の6日目

1月11日(月・祝)

6日目はナールデン・バッサムからオランダの首都アムステルダムへ移動。世界各国の移民たちが暮らす地域を歩く。

(写真)旅の6日目

旅の7日目

1月12日(火)

7日目はアムステルダムから世界遺産のベームスター干拓地へ。更に大航海時代に栄えた港町ホールンを訪ねる。

(写真)旅の7日目

旅の8日目

1月13日(水)

8日目はホールンを出発。列車とフェリーを乗り継ぎ、北上。北海に浮かぶ人気のリゾート地、テッソー島へ向かう。

(写真)旅の8日目

旅の9日目

1月14日(木)

9日目はテッソー島からフェリーで出発。バスで巨大なしめきり大堤防を横断し、列車でレーワルデンを目指す。

(写真)旅の9日目

旅の10日目

1月15日(金)

最終日はレーワルデンを出発、あしの産地や歴史的な集合住宅を訪ねたあと、いよいよゴール、オランダ最北端の駅ローデスホールへ。

(写真)旅の10日目

PAGE TOP