BSトピックス スペシャルコラム
セレクション
2017年09月19日

がんになっていない人にも、ぜひ見てほしい!~by原田

今、2人に1人が、がんになる時代。でも、自分が、家族が、大切な人ががんにならない限り、真正面から「がん」と向き合うことは、そうないのではないでしょうか。“もしも”のときに備えてがんをもっと“身近”に感じ、考えてもらいたい!そんな思いから、私たちはこの番組を立ち上げました。

2gan-syugo.jpg
「がん」は人ごとではない!
取材を始めたきっかけの一つは、昨年、自分の家族の一人が受けた突然の「がん宣告でした。病院に検診結果を聞きに行き、医師からいきなり、“肺がんの疑いがある。手術はいつにしますか?”と告げられました。「え、“疑い”なのに手術?」「セカンドオピニオンは?」「手術しないで治せないの?」・・・。答えを求め、私たち家族は日々、インターネット検索を繰り返し、医療関係者に話を聞いたり、世間で“夢の治療法”とうたわれる自由診療を行うクリニックを訪ねたり・・・。でも、いろいろな情報が入ってくればくるほど、“どの情報を信じれば!?”と疑念と不安の渦に飲み込まれる始末・・・。幸い、家族は信頼できる医師を見つけ、納得した上で手術を受け、現在は経過観察中です。でも今ふりかえると、予め「がん治療の基本」を少しでも知っていたら、玉石混交の情報に惑わされることなく、最適な治療法を素早く見極められた…と思います。

2sasaeai.jpg
これまでの概念を覆す「がんを生きるための新常識」満載!
番組で、それぞれの「新常識」を読み解くヒントを与えてくれるのは、自らも壮絶な闘病経験をもつお医者さんたち。「誰でもがんになるという現実を多くの人に知ってほしい」「がんで苦しむ人を1人でも減らしたい」という強い思いから、取材に協力して下さいました。4度のがんを克服した医師、自分を実験台に新治療法を開発した医師、治療への不安をSNSで解消した医師…。医師が“ひとりの患者”として、向き合った“がん体験”をつぶさに振り返りながら、誰もが知っておくべき最新情報や解決策を教えてもらいます。2isya.jpg
明るく、真面目に、がんを語り合う3時間!
番組司会は、“タバコと酒はやめません!”と断言する坂上忍さんと、フリーアナウンサーの高橋真麻さん。さらに、日本医学会・門田守人会長、女優の宮崎美子さん、タレントのレッド吉田さんなど、豪華ゲストが勢ぞろい。ジョークが飛び交う和やかな雰囲気の中で行われたスタジオ収録では、がんになった人、なっていない人から、さまざまな本音が飛び出しました。膀胱(ぼうこう)がんを発症した元プロボクサー・竹原慎二さんから「がん宣告」を受けたときの衝撃や、自由診療に走ったときの胸中が語られたり、長男をがんで亡くされた俳優・柳生博さんから思わぬ“カミングアウトがあったり。笑いと発見の連続です。2st1.jpg

この番組を通して、気軽に、でも真剣に「がん」と向き合って頂けたら、幸いです!


★放送予定

【BSP】9月23日(土・祝午後8:00~10:59
スーパープレミアム「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識」

原田 由香里(はらだ ゆかり)

【コラム執筆者】
原田 由香里(はらだ ゆかり)

NHKエンタープライズ情報文化番組 エグゼクティブ・プロデューサー。1993年 NHK入局。現在、「世界ふれあい街歩き」「Inside Lens」などを担当。