BSトピックス スペシャルコラム
エンタメ
2017年05月16日

台本無し!リハーサル無し!「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」BY 牛山

「今、テレビに出ている人たちのほとんどは、言葉で笑いを作ることしかしていない。だからこそ、自分の体力があるうちに、若いころに修行した”浅草軽演劇”で体得した”動きの笑い”を、テレビで活躍している俳優さんたちに伝えたい」欽ちゃんこと、萩本欽一さんの言葉です

渥美清さんなど数多くの名喜劇俳優たちがアドリブを駆使して演じていた浅草軽演劇の舞台”は、今はありません。アドリブというのは、舞台体験を通し、失敗を繰り返し、やっと芸になっていくもの。昨年11月、BSプレミアムで放送された、萩本欽一さん、坂上二郎さんによる伝説のお笑いコンビ、コント55号の結成50周年を記念した特別番組内で、俳優さんたちを相手にした欽ちゃんのコントへの基礎訓練は、まさに「浅草軽演劇のワークショップだ」と、多くの反響をいただきました。

0516-06.jpg

そこでこの度、5月17日~6月7日までの水曜日。4週4回に渡って、欽ちゃんがステージで陣頭指揮をとり、劇団ひとりさん、小倉久寛さん、前野朋哉さん、中尾明慶さん、矢野聖人さんという個性あふれる皆さんたちと共に「アドリブ全開で、ステージいっぱいに動き廻るコント」を作り上げていくまでを、ショーとして見せきるシリーズ番組を制作することにいたしました。

0516-03.jpg
欽ちゃんは、次々と課題を出して参加メンバーを鍛えていきます。彼らは、どんな課題が出されるかを全く知りません。お客さんのいる前で、瞬時にイメージし、肉体を使って表現していかなければならないのです。それは、ゲストの方も同じです。第1回に登場する、日本映画演劇界の至宝・仲代達矢さんにも、欽ちゃん遠慮せず、次々と無茶振りしていきました。

 0516-01.jpg

台本無し、リハーサル無し、真剣勝負の番組。「予定調和でない、テレビを作ってみようよ」今年5月に76歳になった、欽ちゃんの新たな挑戦に、ご期待ください。

<追記>
ここまで読んでいただいた方、もうお気づきになられましたね。台本無し、リハーサル無し、すべてアドリブということは、我々スタッフも同じ。毎回、ステージの舞台裏でバタバタ・ドタバタしているのであります。そんなことも想像していただいて、ご覧いただけたらと思います。

0516-02.jpg

 放送予定番組情報はこちら
「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」
  [BSプレミアム]
①5月17日(水)/②24日/③31日午後8:00~8:59 
④6月7日(水)午後7:30~8:59

牛山真一(うしやましんいち)

【コラム執筆者】
牛山真一(うしやましんいち)

フラミンゴ・ビュー・カンパニー ディレクター。BSプレミアムでは「井上ひさしとてんぷくトリオのコント」「ゴジラの大逆襲~お前は何者なのか~」「岸惠子という生き方」「結成50周年! コント55号 笑いの祭典」、総合では「ファミリーヒストリー 森山良子」など演出。