BSトピックス スペシャルコラム
ドキュメンタリー
2017年08月29日

新体操を見る目が変わる!?「奇跡のレッスン 新体操編 オリガ・ブヤーノワ(ロシア)」by堂垣

世界トップレベルの指導者が来日1週間、日本の子どもたちに特別レッスンをするドキュメント、「奇跡のレッスン」。毎回、技術的な成長はもちろん、子どもたちの“まで大きく変わっていく様子を目撃できるとご好評をいただいています。今年度は、Eテレで以前制作したものを再放送し、BS1で随時新作を放送していますが、9月3日(日)夜は、新作の「新体操編をお送りします!

今回やってきたのは、ロシアオリガ・ブヤーノワさん。ロシアは、21世紀に入ってから、オリンピックで金メダルを独占してきた、言わずと知れた「新体操王国」です。オリガさんは、代表コーチとして何人ものメダリストを育て上げ、ロシアを新体操王国の地位に押し上げることに大きな貢献をしてきた、まさにレジェンドなんです。0903-coachi.jpg新体操は、その華やかさから、今や女子の習い事として人気急上昇中ですが、クラブチームが中心で、学校の部活動として力を入れているところは、それほど多くありません。今回レッスンを受ける千葉県八千代市の私立中学校は、そんな中でも部活動に力を入れてきた県内屈指の強豪。でも、子どもたちの積極性は今ひとつで、毎年あと一歩で全国大会出場を逃し続けてきた…そんなチームです。
今回オリガさんは、成田に着いたその足で学校へ。「早く子どもたちに会いたい」という情熱とタフさに、スタッフ一同大いに驚かされました。実はオリガさん、大の日本好き。これまで日本代表の選手を指導したこともあるそうで、日本選手の長所・短所はよくご存知です。練習を少し見ただけで、子どもたちの特徴を的確につかんでいました。0903-ribon.jpg

そして今回の「奇跡のレッスン」で、いつもと大きく違うのは、オリガさんが、一人の教え子を連れてきたことです。“カーチャ”という愛称のその選手は、抜群のスタイルと超絶技巧の持ち主。実はシベリア地方のジュニアの代表選手で、今回教わる子どもたちとほぼ同じ14歳なんです。「同年代のレベルを子どもたちに見せたい」、というオリガさんの狙いでした。実際その演技には、スタッフも含めみんなビックリ。萎縮してしまうかも、という心配をよそに、子どもたちとはすぐに打ち解け、大いに刺激を受けていました。
レッスンが始まると、オリガさんは、優しそうな第一印象とは打って変わった一面を見せます。特に柔軟については、「新体操のすべての技は、開脚ができることが前提です」と、180度の開脚を全員に厳しく求めていきます。柔軟のメニューだけで、およそ40種類。次から次へとすごいテンポで練習を進め、ほとんどの子がついていくのがやっと、キチンとできていないメニューも少なくありません。でも、ここにもオリガさんの狙いが…0903-kaikyaku.jpg「難しいことを求めているので、できなくても当たり前。大事なのは、「できない」からといって諦めないこと何度もチャレンジさせるんです」。
厳しい練習に必死でついて行こうとする中で、次第に子どもたちの表情が演技が確かに変わっていきます
そして、美しさ”を競う新体操という競技だけに、レッスンの大きなテーマとなったのは、「。見た目のコンプレックスにとらわれやすい思春期の女の子たちに、“最強コーチ”オリガさんは、どんな言葉をかけたのか…。同じ年頃の子どもを持つ親御さんたちにも、是非聞いていただきたいと思っています。0903-shidou.jpgリボンやクラブなどの様々な手具を使い、美しさを競い合う新体操競技。その華やかさの裏にどんな努力があり、選手たちは何を考えて演技しているのか?そして最終日の発表会で、子どもたちはどんな「美しさ」を見せてくれるのか?「新体操」という競技が、より身近に、より楽しめるようになること請け合いです。ぜひ番組をご覧ください。

「奇跡のレッスン 新体操編」。前編は、「できなくても やろう!」、後編は、「限界の向こうに“美しさ”がある」。放送は9月3日(日)BS1 夜10時から、一挙放送です。


★放送予定
【BS1】9月3日(日)「奇跡のレッスン 新体操編 オリガ・ブヤーノワ(ロシア)」
 前編「できなくても やろう!」午後10:00~10:50
 後編「限界の向こうに “美しさ”がある」午後11:00~11:49

堂垣 彰久(どうがき あきひさ)

【コラム執筆者】
堂垣 彰久(どうがき あきひさ)

NHKエデュケーショナル 特集事務局 プロデューサー。平成元年入局。様々なドキュメンタリー番組を制作し、去年から「奇跡のレッスン」を担当。コーチの言葉や子どもたちの成長に、毎回(密かに)泣かされています。