BSトピックス スペシャルコラム
ドキュメンタリー
2017年02月07日

秘境を鉄道で旅する新しい鉄道番組 ザ・プレミアム「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」 BY 渡辺秀太

大峡谷断崖絶壁など、世界には思いもよらないところに鉄道が走ります。そんな世界の“秘境”を鉄道で旅するのが「秘境×鉄道」です。


旅人は、朝の情報番組「あさイチ」のレポーターでおなじみの俳優・古原靖久さん
通称「やすくん」。なんと、今回が初めての海外だそうです。初海外がパリやニューヨークでなく、秘境になってしまい申し訳なく思っています。


舞台はカナダ・マニトバ州。大雪原を縦断する鉄道です。
州都ウィニペグからスタートし、最果て(終点)のチャーチルはホッキョクグマが街を歩き、オーロラが見られる街。その距離はなんと1700キロ!日本で言えば、札幌から大阪を鉄道で旅するのと同じくらいの感覚です。

でも、「秘境×鉄道」は日本の鉄道と違います。列車は週に2本!途中停車駅は3つしかありません!そのほかにも小さな駅はたくさんあるのですが、乗降客がいないと通り過ぎて行ってしまいます。そんな小さな駅にあてもなく降りてみる。普段はなかなかできませんが、降りたら何があるかわからないって、ワクワクしますよね~。


「秘境×鉄道」の旅は我々の予想をはるかに超えた驚きの連続でした。駅舎無し、ホーム無しは当たり前。無人駅どころではありません。途中の街には、なぜかウクライナの美しい教会があったり、イラン人と先住民が交流する人気のレストランがあったり。

また、秘境なのでホテルが無い村もありました。そこで宿泊施設として提供されたのは数年使われていない「空き家」。外は-27℃の世界。暖をとれる場所があるだけありがたいものです。もちろんスーパーなど村にはありませんので、スタッフ全員分の食料を買い込んで、自炊の生活が続きました。学生時代の部活の合宿のようで、楽しいひとときでした。

各村で聞いたところ「日本のメディアが来たことは無い」という村ばかりでしたので、恐らく初めてご覧いただく景色ばかりだと思います。番組ではあらゆる場所から撮影した「車窓風景」もたっぷりご紹介しますので、ゆったりとした気分で「秘境×鉄道」の旅をお楽しみいただければと思います!


放送予定
ザ・プレミアム「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」
[BSプレミアム]2月11日()夜9:00~10:29

渡辺秀太

【コラム執筆者】
渡辺秀太

千代田ラフト ディレクター。『アスリートの魂』『あさイチ』他、ドキュメンタリー番組を演出。鉄道マニアではないですが、昔から電車に乗って目的なく旅をするのが好きだったので、自分は「乗り鉄」だと思います。