BSトピックス スペシャルコラム
ドキュメンタリー
2016年08月16日

NHKのカメラが謎の猛スピード発光物体を撮影!? ~ザ・プレミアム 幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー スペシャル~ BY 渡辺圭

驚いた!NHKの撮影映像の中に、光を放ち猛スピードで空を横切る飛行物体が写ってました!旅客機ではとても出せないスピードです!ちょっとすごい映像なので、放送でお見せします!


・・・というわけで今回の「幻解!超常ファイル」の見どころを、「シ○・ゴ○ラ」にたとえながらお知らせします。

genkai3.jpg

《「無○在○線爆○」的危ない接近!“世界一有名な秘密基地”エリア51》

まずはUFO好きなら絶対聞いたことがあるはずの超ヤバイ謎、「エリア51」を正面から取り上げます!
エリア51…そうです、さまざまなハリウッド映画海外ドラマでも取り上げられた、砂漠の真ん中のアメリカ空軍の秘密基地。その地下には墜落したUFOが収納され、異星人の遺体生きている異星人がいるという、あの現代陰謀論ド直球のアレです。genkai4.jpg

 とはいえ、アメリカ軍最高機密の秘密基地ですから、当然、取材には応じてくれません。そこで、あの手の手でアプローチをかけるのですが、なんと「エリア51で異星人の技術を研究し、異星人も目撃した!と語る伝説的告発者に直撃インタビュー!」、そして「地下基地への入り口発見!」、さらに「エリア51のガチ関係者が顔出し登場!CIAの最高機密とUFOの関係を語る!」という、まるで「無○在○線爆○」のような驚がくのストレート集中接近取材で、エリア51の謎を明らかにします!

genkai5.jpg  genkai6.jpg

《「まず君が落ち着け!」UFOをガチ研究した大学教授の悲劇》

今でもUFOの存在をめぐっていろいろ議論してますが、実はアメリカでは1960年代に有名大学が税金でUFOを研究するプロジェクトを立ち上げ、ガチンコ研究の末に「最終報告書」を発表。空軍をはじめ多くの公的機関が、UFOの存在についてこれを基準に動いた、ということがありました。つまり、「UFOについてのアメリカのおおまかな見解は50年前にすでに出ていた!?ということで、これが慌てずにいられるか!?→「まず君が落ち着け!」と。でもそんな研究を真面目に行った学者さんは、悲劇的な状況に。何があったんでしょう?

genkai1.jpg

《「私の国では大統領が決め…」ているか本当に?謎のマジェスティック12》

トルーマンアイゼンハワーケネディフォードカーターレーガン…。これは今回の番組に登場する、1950~1980年代でUFOをめぐる発言や行動が記録されたり、事件に巻き込まれたりしたと噂される大統領たちだ。ちょっと待て、そしてさらに、UFOをめぐる陰謀を暴露しようとすると大統領であってもある組織に殺されてしまう…って、その組織がこんなにアメリカ大統領はUFOに関わっているのか!?マジェスティック12」という超エリート集団なのですが、この組織について書いた謎の流出文書を検証する!ってのが、まるでミステリー小説のような面白さです。

genkai2.jpg

そんなわけで、アメリカのUFO問題70年の歴史を真っ正直に取材していると、まさしく「現在の日本に巨大不明生物が現れたらどうなるか」同様、「社会に謎の存在がじわじわ入り込んだ(と国民が思った)らどうなるか」という事象なんだな―と、つくづく感じます。これはアメリカだけでなく、日本でも起きるかもしれないの話でもあります。お楽しみに!

 

放送予定
ザ・プレミアム 幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー スペシャル
アメリカUFO神話Part-2政府は異星人を隠しているのか?

[BSプレミアム] 820日() 午後9:00

渡辺圭(わたなべ けい)

【コラム執筆者】
渡辺圭(わたなべ けい)

NHK制作局 文化・福祉番組部チーフ・プロデューサー。好きな言葉「私は好きにした、君らも好きにしろ」。 主なプロデュース番組:「その時歴史が動いた」「歴史秘話ヒストリア」「BS歴史館」「ザ・プロファイラー 夢と野望の人生」「先人たちの底力・知恵泉」「英雄たちの選択」など。