BSトピックス スペシャルコラム
ドキュメンタリー
2016年06月29日

21世紀にも忍者がいた。しかも84歳!今を生きるリアル忍者の実体に迫る! ~「いま忍者 初見良昭八十四歳」~ BY 西冬彦 

忍者に会ってみませんか?」初めてプロデューサーに話を頂いた時は驚いた。

忍者?今どき?嘘でしょ?よく聞くと、その忍者は84歳だという。しかも、めちゃくちゃ強くてデカい外人たちを子ども扱いするのだと。生徒の8割が外国人で、中にはFBIエージェント軍人がいるという・・・まったく信じられなかった。だって、84歳と言えば、足腰立たなくてもおかしくない年齢。それがFBIを手玉に取る?嘘っぽすぎて、笑うしかない心境だった。

 しかし、プロデューサーにお話を頂いたからには、一度会ってみるしかない。実は内心怖かった。「あーあ、大したことなかったらどんな顔しよう・・・」

そして、道場へ行った。84歳の老人、初見良昭(はつみまさあき)がいた。

技を観た。驚いた!凄かった!デカい外人たちが倒れて行く初見先生はただ歩いているだけ。たまに相手に触るだけ。なのに、相手が立ち上がれない。相手のパンチや竹刀は全く当たらない、そして倒れて行く。全くもって信じられない。これが忍術なのか?ワクワクした。

 

No1.jpg 僕は普段はアクション映画を作っている。映画の中には凄い達人が登場して、あっと驚く技大活躍する。だが、初見先生が使う技はアクション映画ですら見たことが無かった。つまり、それはフィクションを超えていると言える。うーむ。どういうこと?驚いた僕は、それから半年間、初見先生に密着した。そして、初見忍術の謎を解き明かすために、様々な人たちに登場してもらった。

以下、謎解きに協力してくれた方々である。

 

アクション女優 武田梨奈さんNo2.jpg日本アクション映画界の若きヒロイン武田梨奈さんが道場を訪問。あまりの凄さに「怖いです」を連発した武田さん。この体験をもとにして「現代の女性が初見忍術で戦う」アクションを完成させた。そのカッコいいアクションを番組で公開!

 

世界的俳優、千葉真一さん

様々な映画やドラマで忍者を演じてきた千葉真一さん。実はドラマ『柳生一族の陰謀』で初見先生に本物の忍術を習っていた。その時、初見先生から聞いた忘れられない話とは?
千葉さんの熱い想いがほとばしる貴重なインタビュー!

 

空手師範、中達也さんNo3.jpg一流の空手家である中達也師範(日本空手協会)が初見先生と対談武道の極意を語り合ううちに実技に突入。しかし!なんと!中師範が繰り出す突きが全く当たらないニコニコしている初見先生。驚く中師範が言った言葉は『いないんです。消えてます』「え?消える?いない?」え?どういうこと?謎が深まっちゃったんだけど!

 

FBIの捜査官No4.jpg

元FBI捜査官がアメリカの大学で初見忍術を教えている。習っているのは普通の学生や看護学部の生徒たち。なぜ看護士たちが忍術を使うのか?それはどんな技術なのか?忍術と看護師のコラボを解明するワクワクのアメリカロケ!

 

22歳の女忍者No5.jpg

 初見道場の女忍者、大栗彩加(さやか)さん。師範だった父親に2歳の時から忍術を習った。22歳にしてキャリア20年の彼女が目指すのは五段審査忍術に昇段審査があるの?どんな内容なの?手に汗握る五段審査が始まる!

そんなこんなで、今を生きる本物の忍者を味わい尽くす59分
お楽しみに!

 

放送予定
いま忍者 初見良昭八十四歳
[BSプレミアム] 77日(木) 午後9:00
    (再放送)  79日(土) 午後6:00

西冬彦(にしふゆひこ)

【コラム執筆者】
西冬彦(にしふゆひこ)

映画監督・プロデューサー。外国映画のバイヤーとして「少林サッカー」「私の頭の中の消しゴム」など多くのヒット作を生み出した後、映画製作へ転身。「黒帯kuro-obi」「ハイキック・ガール!」など日本オリジナルの武道アクション映画を世界に送り出している。