BSトピックス スペシャルコラム
ドキュメンタリー
2016年06月04日

元ジョッキーと元競走馬 再生の道のり3ヶ月の記録 「BS1スペシャル ホースフレンド~人と馬・北の大地の再生物語~」  BY 横森渓輔

たった一度の落馬事故でそれまでの人生で築き上げた大切なものを失った元ジョッキーと、勝てずじまいで行き場所を失い活躍の場を追われた一頭の落ちこぼれサラブレッド。北海道の小さな牧場「ホースフレンドファーム」を舞台に一組の人馬が、歩み始めた再生の道のりは果たして・・・

S02-001.jpg

 

取材をはじめたのは2月下旬、舞台となる北海道・白老町にある「ホースフレンドファーム」の放牧地は一面真っ白な雪景色、天気のいい日には20数頭の馬たちが短い冬の日の光を浴びるのんびりとした風景が広がっていました。

今回の番組で3ヶ月に渡り取材した主人公の石山繁さん(39歳)は、かつてJRAに所属していた元ジョッキー2007年レース中の落馬事故をきっかけに、仕事、家族、記憶・・・つまり人生において大切な大概のことを失ってしまいました。さらに身体には多くの障害が残り、左半身は麻痺して片足を引きずり、視力は落ちて色彩も失ってしまったため季節の移り変わりを感じることもなければ、嗅覚味覚もダメになったため食べるという楽しみもありません。

S06-001.jpg

 

石山さんは4年前から馬たちが暮す厩舎の片隅にある小さな部屋に寝泊まりし、馬の世話をしながら乗馬を始めました。牧場で働き始めて4年目、徐々にですが、回復の兆しが見え始めています。「馬といると落ちつくし、馬上からだと地べたから見えづらかったものも、完璧じゃないけど見えるようになってきた」と言います。
馬によってすべてを失った人が、馬によって救われていく・・・そんな優しい再生のストーリーをイメージしてカメラを回し始めましたが、取材を進めるほど困惑することばかりでした。

S04-001.jpg

 

「29歳で落馬して、今年39歳。30代の記憶が殆んどないもんなぁ」
この石山さんの言葉は、特に印象深いものでした。石山さんに残る脳の障害は「高次脳機能障害」。石山さんの場合は重度の記憶障害と、感情のコントロールが困難という状態です。一週間前に会っても名前も顔も覚えていなかったり、時に感情がコントロールできず、突然、険しい目つきになったり、泣き出したり・・。また30代のことは覚えていなくても、競馬場のゲートに入ったときの観客の歓声ははっきりと覚えていたり・・。失った過去の断片を取り戻そうとすると、思い出すほどに現在とのギャップが石山さんを苦しめているようです。

そんな中石山さんが出会ったのが、将来を嘱望されながら成績を残せず、屠殺寸前だったところを昨年引き取られてきた元競走馬リバイブ。似た境遇同士、共感を持つようになり、なんとかペアを組んで、馬術での復活をかけたいと思うのですが・・。早く走るのが使命の競走馬と競走馬をふるいたたせて走らせるのが使命の騎手。気性の荒さがなかなか抜けないリバイブとなんとか言うことをきかせようと焦る石山さん。なかなか思うように、距離が縮まらないように見えました。

S01-001.jpg

私事で恐縮なのですが、僕は今年石山さんが落馬した歳と同じ29歳になります。もし、これから先のことが記憶に残らないとしたら・・・取材の間中、言葉を交わしながら石山さんの心の中を理解しようと務めたつもりですが、理解できたかどうか未だに自問自答の日々です。
職業安定所に行っても、僕の学歴で障害者じゃ、やることないって言われた。」と、石山さんは頻繁に口にするのですが、その度になんとも言えない気持ちになります。

5月
、遅い春が北海道に訪れ、牧場が緑に包まれ始めた頃、驚かされたことがありました。石山さんは馬上でのある体験をきっかけに、何か憑き物がとれたように表情が変わったことです。
今、彼の人生にとって馬の上にいることが「すべて」といっても大袈裟ではないのかもしれません。取材当初はそのことに一抹の焦燥を感じましたが、今は羨ましいとさえ思います。もしも絶望的な状況に陥った時、自分の中にそんな風な支えとなる強い何かがあるかどうか・・・。

S05-001.jpg

 

」という不思議な魅力を携えた動物をフィルターにして、ひたむきさ(?)のようなものを教えてもらった3ヶ月でした。自分の中にもちょっとした支えのようなものを与えてもらった気がします。そうした感じをテレビ画面から少しでもお伝えできればと思います。

6月19日(日)夜7時、「明日からの1週間も頑張ろう」とちょっとだけ思えるような番組です。お楽しみに。

 

放送予定
BS1スペシャル
「ホースフレンド〜人と馬・北の大地の再生物語〜」

[BS1] 619日(日) 午後7:00

横森渓輔(よこもり・けいすけ)

【コラム執筆者】
横森渓輔(よこもり・けいすけ)

スローハンド ディレクター。NHK「応援ドキュメント 明日はどっちだ」