BSトピックス

新着記事

  • 渡辺祥子のシネマ温故知新7月号★「プレミアムシネマ7月の注目作品」
  • シネマ2016年07月01日
  • 渡辺祥子のシネマ温故知新7月号★「プレミアムシネマ7月の注目作品」
  • 7月はファン必見、深みのある黒と白の映像が美しい『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』(54年・19日放送)を中心にしたゴジラ小特集。『ゴジラVSビオランテ』(89年・4日放送)、『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003年・5日放送)、『モスラ対ゴジラ』(64年・26日放送 *写真)の全4作が集合。

    続きを読む
  • 岡っ引きって?遠山の金さんってどんな人? ~伝七捕物帳が楽しくなる 大江戸タイムトラベル~ BY 阿部正敏
  • ドラマ2016年06月30日
  • 岡っ引きって?遠山の金さんってどんな人? ~伝七捕物帳が楽しくなる 大江戸タイムトラベル~ BY 阿部正敏
  • 粋で優しい岡っ引き「伝七」が江戸の悪をくじくBS時代劇「伝七捕物帳」。この番組はドラマの世界をさらに楽しむための番組です。   時代劇大好きのダイヤモンド☆ユカイさんと元祖!歴女タレント小日向えりさん、歴史学者の山本博文さんが案内役です。番組では、北町奉行所跡をスタートに黒門町、十手道場など江戸の面影を求めて東京を旅します。さらに、ドラマの舞台となった江戸後期(天保年間)にタイムスリップ、北町奉行所や、お白州の様子を見に行きます。江戸時代の警察機構とは?そもそも岡っ引きの役割とは?伝七の上司遠山の金さんの実像は?などなど知っているとさらにドラマが楽しくなる歴史の面白情報を伝えていきます。

    続きを読む
  • 21世紀にも忍者がいた。しかも84歳!今を生きるリアル忍者の実体に迫る! ~「いま忍者 初見良昭八十四歳」~ BY 西冬彦 
  • ドキュメンタリー2016年06月29日
  • 21世紀にも忍者がいた。しかも84歳!今を生きるリアル忍者の実体に迫る! ~「いま忍者 初見良昭八十四歳」~ BY 西冬彦 
  • 「忍者に会ってみませんか?」初めてプロデューサーに話を頂いた時は驚いた。 忍者?今どき?嘘でしょ?よく聞くと、その忍者は84歳だという。しかも、めちゃくちゃ強くて、デカい外人たちを子ども扱いするのだと。生徒の8割が外国人で、中にはFBIエージェントや軍人がいるという・・・まったく信じられなかった。だって、84歳と言えば、足腰立たなくてもおかしくない年齢。それがFBIを手玉に取る?嘘っぽすぎて、笑うしかない心境だった。  しかし、プロデューサーにお話を頂いたからには、一度会ってみるしかない。実は内心怖かった。「あーあ、大したことなかったらどんな顔しよう・・・」 そして、道場へ行った。84歳の老人、初見良昭(はつみまさあき)がいた。 技を観た。驚いた!凄かった!デカい外人たちが倒れて行く。初見先生はただ歩いているだけ。たまに相手に触るだけ。なのに、相手が立ち上がれない。相手のパンチや竹刀は全く当たらない、そして倒れて行く。全くもって信じられない。これが忍術なのか?ワクワクした。  

    続きを読む
  • 坂本朋彦のシネフィル・コラム★公開から40年以上経った現在、より切実に感じられる物語です ~「カンバセーション...盗聴...」~
  • シネマ2016年06月27日
  • 坂本朋彦のシネフィル・コラム★公開から40年以上経った現在、より切実に感じられる物語です ~「カンバセーション...盗聴...」~
  • 6月29日(水)の放送は「カンバセーション…盗聴…」(1974)。「ゴッドファーザー」シリーズや「地獄の黙示録」(1979)などの巨匠、フランシス・フォード・コッポラ監督の傑作スリラーです。公園を歩くカップル。その会話の録音を依頼されたプロの盗聴屋・ハリーは、盗聴した会話に疑問を感じ、録音を分析していくうち、恐ろしい言葉に気づいてしまいます。そして…。

    続きを読む
  • 大泉洋・ラーメンズ片桐仁が登場! ちょっと不思議なコント番組 「小林賢太郎テレビ」8年目の集大成 ~小林賢太郎テレビ8~ BY 小澤 寛
  • エンタメ2016年06月22日
  • 大泉洋・ラーメンズ片桐仁が登場! ちょっと不思議なコント番組 「小林賢太郎テレビ」8年目の集大成 ~小林賢太郎テレビ8~ BY 小澤 寛
  • お笑いグループ「ラーメンズ」の小林賢太郎。舞台で活動し、海外でも高い評価を受ける彼が年に一度、テレビでコントを披露する番組。それが「小林賢太郎テレビ」です。8作目となる今回は、小林さんの盟友である俳優の大泉洋さんが登場。さらにラーメンズの片桐仁さんも登場し、小林さんと7年ぶりの共演を果たします。ラーメンズの2人が多摩美術大学の同級生で同じ年であることは、よく知られていますが、実は大泉さんも2人と同じ1973年生まれ。同じ年、そしてお互いをよく知り信頼しあっているということもあって、収録現場は終始、穏やかな雰囲気で進みました。    

    続きを読む
  • 坂本朋彦のシネフィル・コラム★欧米でも高く評価された傑作映画 ~「鍵」~
  • シネマ2016年06月20日
  • 坂本朋彦のシネフィル・コラム★欧米でも高く評価された傑作映画 ~「鍵」~
  • 今回ご紹介するのは6月23日(木)放送、文豪・谷崎潤一郎の小説を巨匠・市川崑監督が映画化した傑作「鍵」(1959)についてです。

    続きを読む