あらすじ あらすじ

第15週

さくら

1月9日(月)~1月14日(土)

  • 第15週
  • 第15週
  • 第15週

※ネタバレあります。

 すみれ(芳根京子)は、靴職人の麻田(市村正親)のもとを訪れ、娘のさくら(粟野咲莉)の入学式用の靴を作ってもらえないかと頼む。麻田はすみれの注文を引き受けるが、実はある悩みを抱えていたのだった。一方、子供服店・キアリスでは、急激に売り上げが落ちるという事態が起きていた。原因はわからないままだったが、ある日キアリスの商品の偽物が出回っているという情報が入り、真偽を探ろうとすみれたちはその店に乗り込んでいく…。
そして時代は進み、昭和34年。キアリスは10周年を迎え、全国的に知れ渡る企業に成長。すみれは、お客さんの対応に追われ日々忙しく働いていた。すみれの娘・さくら(井頭愛海)と君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)は15歳になっていた。ある日、さくらと健太郎の高校入学祝いが開かれるが、さくらと健太郎は良子(百田夏菜子)の息子・龍一(森永悠希)に連れられ、ジャズ喫茶「ヨーソロー」を訪れる。さくらはママの大村すず(江波杏子)、アルバイトの山本五月(久保田紗友)、そしてプロを目指すドラマーの河合二郎(林遣都)と出会う。二郎に恋心を抱いたさくらは、本気で演奏する姿を見ようとナイトクラブを訪れ…。