おたのしみ おたのしみ

栄輔語り Again 岩佐栄輔 松下優也さん 栄輔語り Again 岩佐栄輔 松下優也さん

栄光と挫折から、栄輔は何を知った?

大阪のファッションショーから一転、エイスが倒産して雲隠れ……。栄光と挫折、その両極を栄輔は経験しました。目まぐるしい人生やなぁと思います。
「日本中の男をカッコよくしたい。そうすれば、きっと人生が豊かになる」。その志そのものは間違っていなかったと思うんですよ。ただ、人生には「変わるべきこと」と「変わってはいけないこと」があって、栄輔はそのバランスを崩してしまったのかもしれない。まぁ、時代の波もありますけどね。
だけど栄輔って“やっぱりいい人間やったんや”って思います。栄光をつかんだ栄輔がその位置に居続けるには、いい人すぎたのかもしれないなって。

松下優也さん

姿を消してからの空白の13年間、ひとりで突っ走ってきた栄輔だけど、それじゃダメなんやなと思いました。栄輔のすぐ近くにいたのは、玉井や古門社長だったりと、いつか裏切るかもしれない人間だった。玉井のことも、栄輔は彼を変わらせたくて、そばに置いていたと思うんですよ。それは、玉井を演じるドンペイさんとも話し合って、僕らの中ではそういう設定にしていて。だから、裏切りが分かった時の僕の心境は、「怒り」じゃなく「悲しさ」だったんですよね。
もしも栄輔のそばに、例えば明美さんのような心の奥底にまでスッと入ってくれる人間がいたら、きっと栄輔の人生は違っていたんじゃないかと思うんです。

松下優也さん 土平ドンペイさん
潔さんの家にいた僕をすみれさんたちが訪ねてきたシーンで、潔さんは「(栄輔とは)大阪でばったり会うてなぁ」って言うんですよ。でもそれはウソで、潔さんは必死で僕のことを探してくれたはず。台本にはないけれど、僕はそう思って潔さんを見ていました。僕のメンツを大事にしてくれる、一生かなわない兄貴だなって。「ここにおったらええ」というセリフの後、「栄輔、頼ってくれ」という言葉は、高良さんのアレンジなんです。これも栄輔のプライドを傷つけない優しさやなと思います。“栄輔を救ってくれるのは、世界中でこの人たちだけしかない”って思えたし、一気にふわーって力が抜けるような感覚があって、それが涙という反応になったんです。潔さんは、僕の視野よりもうひと回り広いし、一枚うわて。相手に気を遣わせない優しさは、高良さんも一緒ですね。それは、紀夫役の永山さんもそうだけど、先輩・後輩じゃなく、人としてちゃんと見てくれる。栄輔も、僕も、いい兄貴に出会えてホンマによかったなと思います。 松下優也さん

潔さんの家にいた僕をすみれさんたちが訪ねてきたシーンで、潔さんは「(栄輔とは)大阪でばったり会うてなぁ」って言うんですよ。でもそれはウソで、潔さんは必死で僕のことを探してくれたはず。台本にはないけれど、僕はそう思って潔さんを見ていました。僕のメンツを大事にしてくれる、一生かなわない兄貴だなって。「ここにおったらええ」というセリフの後、「栄輔、頼ってくれ」という言葉は、高良さんのアレンジなんです。これも栄輔のプライドを傷つけない優しさやなと思います。“栄輔を救ってくれるのは、世界中でこの人たちだけしかない”って思えたし、一気にふわーって力が抜けるような感覚があって、それが涙という反応になったんです。

潔さんは、僕の視野よりもうひと回り広いし、一枚うわて。相手に気を遣わせない優しさは、高良さんも一緒ですね。それは、紀夫役の永山さんもそうだけど、先輩・後輩じゃなく、人としてちゃんと見てくれる。栄輔も、僕も、いい兄貴に出会えてホンマによかったなと思います。

栄輔からのMessage みなさん、いろいろご心配をおかけしました!栄輔なりの道を見つけて、ここまで戻ってきました。栄輔を演じて気づいたことは、いっぱいあります。まず、「人生はワンマンショーじゃない」ということ。エイスが没落してから、人の温かみを感じることが多くて、あまりに柔らかすぎるんで拍子抜けする感じでした。優しさってありがたいんやなと思ったし、栄輔が手を差し伸べられる人間でいられたことは僕もうれしく思います。僕が思う栄輔のよさって、「当たり前のことを当たり前にできる」こと。栄輔の優しさは、人にアピールするような形じゃないんですよね。僕もそういう人間でいたいなって思いました。ここから、栄輔はどんな人生の選択をするのか?栄輔の底力と優しさを、ぜひ楽しみにしてください! 栄輔からのMessage みなさん、いろいろご心配をおかけしました!栄輔なりの道を見つけて、ここまで戻ってきました。栄輔を演じて気づいたことは、いっぱいあります。まず、「人生はワンマンショーじゃない」ということ。エイスが没落してから、人の温かみを感じることが多くて、あまりに柔らかすぎるんで拍子抜けする感じでした。優しさってありがたいんやなと思ったし、栄輔が手を差し伸べられる人間でいられたことは僕もうれしく思います。僕が思う栄輔のよさって、「当たり前のことを当たり前にできる」こと。栄輔の優しさは、人にアピールするような形じゃないんですよね。僕もそういう人間でいたいなって思いました。ここから、栄輔はどんな人生の選択をするのか?栄輔の底力と優しさを、ぜひ楽しみにしてください!
松下優也さん