こつこつたべよう!レバラゲ丼

2020年6月25日(木)BSプレミアム 午後8時00分~午後8時59分

“質”が盲点!骨の新健康術


こつこつたべよう!レバラゲ丼


骨質をよくするビタミンB6とビタミンDをたっぷりとれるレシピを料理研究家の和田明日香さんに考案していただきました。名づけて!「こつこつたべよう レバラゲ丼」。
鶏レバーときくらげを使って、中華風に仕上げていきます。

(材料)2人分

鶏レバー……150g
きくらげ(生)……80g

花椒(ホアジャオ)(パウダー)……小さじ1
しょうゆ……小さじ1
かたくり粉……大さじ1

サラダ油……大さじ1.5
にんにく(みじん切り)……1片
しょうが(みじん切り)……1片
豆板醤 (トーバンジャン)……お好み

しょうゆ……大さじ1
鶏ガラスープの素(顆粒)……小さじ1
砂糖……小さじ2
黒酢……大さじ1
塩……少々

長ねぎ(青い部分)……1/2本
ご飯……茶碗2杯分

(作り方)

まずはレバーの下ごしらえ。

雑味をなくすためレバーの白い脂肪部分を丁寧に取り除き、一口大に切ります。

切ったレバーは流水にさらして、約10分間血抜きをします。

レバーの水気をしっかりきっておきます。

ここで大事な下味をつけます。
今回キモになるのがこの花椒(ホアジャオ)という中国の山椒です。

レバーが苦手な人におすすめなのが、花椒のピリッとする辛味。

さらにしょうゆ、かたくり粉を入れ下味をつけます。

フライパンににんにくとしょうがの みじん切りを入れ、お好みで豆板醤を加えて炒めます。

香りが出てきたら・・・。
主役のレバーを加え、火を通していきます。

そして、調味料を加えて絡めます。

このあいだに、きくらげを一口大に切り、水でさっと洗っておき、長ねぎも切っておきます。

最後にきくらげと長ねぎ!
さっと炒めます。

さらなる辛味をお好みで花椒パウダー。

こつこつたべよう レバラゲ丼の完成でーす!

ビタミンB6とビタミンDたっぷり!
レバーが苦手な人でも食べやすい、レバラゲ丼、ぜひお試しください。

和田明日香の美と若さの新料理

美と若さのお手軽動画

NHKオンデマンド

Page Top