実験してみた 骨質改善生活!

2020年6月25日(木)BSプレミアム 午後8時00分~午後8時59分

“質”が盲点!骨の新健康術


実験してみた 骨質改善生活!


骨質を良くする食べ物は、コラーゲンというわけではない。
とすれば、 どういう食事をするのがいいのでしょうか。

思いつくとすれば、カルシウムたっぷりの牛乳ですよね?
それもいいんですが、 骨質まで考えた上級食事術はそれだけではないんです。

その上級技で骨質をよくしてもらいましょう!

変身メイクなどの動画を投稿するYouTuberとして活躍中の森崎アリスさんに挑戦していただきました。

実は森崎さん、動画の編集のため、しょっちゅう徹夜作業を続けています。 活性酸素が増えやすい生活です。

食事も1日1食で一気に済ますため、血糖値も上がりやすい。
骨質に悪い習慣のオンパレードです。

そんな森崎さんにおススメなのは、鮭。
1週間、毎日の食事で取り入れてもらいました。

なぜ鮭がいいのでしょうか。

「活性酸素を除去する作用があるのはビタミンB6だと思います。B6は鮭のようなものに豊富に含まれています。」(太田教授)

糖と活性酸素が結びつくことでできるAGE(エージーイー)。
ビタミンB6はこの活性酸素の量を減らし、AGEができるのを防いでくれるんです。

ビタミンB6はあの骨芽細胞にも働きます。
骨芽細胞が骨の中のコラ―ゲンを生み出すときに、ビタミンB6があると、その再生能力が高まるのです。

今回の森崎さん。
骨質劣化の原因の1つ、活性酸素はどうなっているのか。
活性酸素は尿中の酸化ストレスでわかります。

測ってくれたのは、順天堂練馬病院の坂本准教授。

現在の森崎さんの値は9.1。
意外といい数字ですが、値を下げることで骨質劣化のリスクも下げられます。

鮭を毎日食べた森崎さん。
酸化ストレスに変化はあるのでしょうか?

森崎さんには、実はもう1つおススメした骨質改善術がありました。

それがこちら!

「階段を下りてるだけ」
実はこれが、骨質にも良いというんです!

カギとなるのは、かかとへの衝撃

この衝撃は、かかとから骨へ伝わり、あの骨芽細胞が活性化

コラーゲンの鉄筋のところから、骨を活発に作り出すようになるんです!

さらに全身の老化を防ぐ、オステオカルシンも増やすことができます。

「運動の中で、水泳とか自転車というのは重力がかからないので、このかかと落としやミニジャンプのような、体重がかかる運動というのは、骨改善に価値があります」(太田教授)

森崎さんもさまざまな方法でかかとに衝撃を与えます

ラジオ体操に、趣味だというダンスで骨に衝撃を与えつつ、運動で体重を減らす作戦!
太り過ぎも骨質にはよくありません!

こうして1週間の改善生活。
鮭を食べつつ、かかとに衝撃を与え続けた結果は

酸化ストレス6.8に!
実験を始める前9.1だった数値から、2.3下がっていました!

ちなみにカラダも動かしていた森崎さん。
体重も、85.1kgに。
実は実験前から2.6kg減っていました。

骨質も考えた骨ケアで、皆さんも美を手に入れられるかも!

「かかと落としは、1日に30回。例えば10回3セットという形でやっていただくといいかと思います。ただちょっと気をつけていただきたいのは、骨密度が非常に落ちている人は、ちょっと強い衝撃をすると逆に負担になりすぎることもありますので、メディカルチェックを受けてからやっていただきたいと思います。」(金沢さん)

「ジャンプをするんだったら、体力があるようだったら、バスケットボールとかがいいです。あと縄跳び。便利でスペースもとらないですし、縄がないときは、ロッキーのテーマを聞きながら、エアー縄跳びも良いです。」(宇山さん)

そして、もう一つ大事なのは、鮭に含まれていたビタミンB6ですね。
1日の摂取目標は、1.2mg。

「日本人の摂取目標量が、大体1日、1.2mgと言われてますけども、残念ながらほとんどの世代では、足りてないというのが現状です。鮭のような、ビタミンB6を含む食品を多くとっていただきたいと思います。」(金沢さん)

100g食べたときに含まれるビタミンB6の量は、 牛のレバーが、0.89mg。
まぐろやかつおも高く、鶏のレバーは、鮭と同じぐらい。
バナナ、アボカドなど、フルーツや野菜からもとれるんです。
こちらが、ビタミンB6の豊富な食材です。

さらに食事や日光を浴びることで生じるビタミンDを十分にとることで骨質の改善も見込めるそう。

「骨のことを考えると、B6に加えて、ビタミンDですね。これは骨密度にもいいですし、やはり骨質にもいいと言われています。」(金沢さん)

「キノコ類とか青魚とかに、ビタミンDが豊富に含まれていると言われています。非常に、ビタミンD、骨にもいいですし、それから最近、感染に気をつけるというので、免疫力を高めるというので、ビタミンDはすごく注目されています。ビタミンDというのは、10分20分位日光に当てるだけでも、自然に生成されるので、日焼けが気になってシミとかが嫌だということでしたら、シミができてもいいような、人から見えにくいところでも、できますので試してください。」(宇山さん)

そして骨質改善のポイントを金沢さんにうかがいました。

「質を悪くするというのは、実は皆さんがやっている糖や活性酸素などの生活習慣ですね。この生活習慣は、やはり自分で変えられる、ということが非常にいいところです。ぜひ日常の中で、骨についても少し焦点を当ててやっていただきたいなと思います。」(金沢さん)

和田明日香の美と若さの新料理

美と若さのお手軽動画

NHKオンデマンド

Page Top