腰痛も我慢しない! ファシアで解決

2020年4月2日(木)BSプレミアム 午後8時00分~午後8時59分

下腹ポッコリも腰痛も解決!ファシア新発見


腰痛も我慢しない! ファシアで解決


本日もうひとつ、ファシアの新常識を教えてくれるのは、腰痛の研究をされている、早稲田大学スポーツ科学学術院教授 金岡恒治さんです。

実は、ファシアが最近、腰痛の原因としても注目されているんだとか。

「これは痛みを感じるセンサーです。この黒い、ふにゅふにゅっとしたのが1/10mmぐらいのちっちゃいものですけど、ファシアの中に入っていて、これを刺激すると神経を通じて脳に痛みが伝わる仕組みになっています。」(金岡教授)

ファシアで痛みを感じているということがわかってきたそうです。
多くの人を悩ませる腰痛。
実際には、どういう風にファシアが関係しているのでしょうか。

こちらは、10年以上腰の痛みに悩まされてきた保育士のマミコさんです。

「子供を前と後ろで抱っこしたりとかするときもあるので、そういうときに痛くなります。」(マミコさん)

そこで今回、整形外科クリニック院長の柴 伸昌さんに腰痛の原因を詳しく調べてもらいました。

まずは、腰痛の原因で最も多い背骨をレントゲンで詳しく調べます。

「非常にきれいなカーブを描いています。1個1個の骨を診ていますが、形もいいです。」(柴院長)

マミコさんが10年以上悩んでいる痛みは、筋膜、ファシアが関わっているようです。

腰痛の原因にはいくつか原因があると言われています。

背骨の椎間関節や、ヘルニアで知られる椎間板に原因があるのが、約33%。
それに対して筋膜、ファシアが原因である腰痛は、17%ほどあることがわかってきました。

そのために医療の現場で行われている治療が、ブロッキング注射です。

ブロッキング注射は、超音波で筋膜の位置を、リアルタイムで確認しながら行われます。

今、注射器から液体(生理食塩水)が放出されました。
リリースの瞬間、生理食塩水の注入とともにファシアの癒着がリリースされ、広がります。

効果は劇的です。
痛くて曲げられなかったマミコさんのカラダもすっかり楽に!

早稲田大学の金岡恒治教授に、腰痛の痛みとファシアの関係について解説していただきました。

これは胴体の断面図、背中の右側を大きくした図です。

「(腰痛の)痛みが出やすい場所とは、(黄色に示した部分)筋肉と筋肉の間の筋膜、こういうところに痛みが出てきやすいです。あるいは筋膜同士が近くを走っているようなところにも痛みが出やすいのです。」(金岡教授)

「この筋膜同士がスムーズに動いているときはいい状態なんですけれど、炎症が起きて筋膜同士が癒着をする、くっついてしまうと、筋膜同士の滑走性と言いますけれども、滑りが悪くなって、炎症を起こしやすくなって、また痛みを起こしやすくなるのです。」(金岡教授)

ファシア同士が癒着をしているときに、無理に動かそうとすると、痛みが出たり炎症が起きます。

するとファシアの中にある侵害受容器が、炎症によって刺激をうけます。
その刺激の情報が、脳へと伝わり、痛みとして感じるのです。

つまり、この痛みの原因、ファシアの癒着をとれば、痛みは治まるはず、ということ。

「腰痛にもいろんな原因がって、骨や関節からくる腰痛もあって、それに加えて、筋肉からくる腰痛があります。ですから、注射した所がちょうど痛みの原因の場所だったということです。 関節の痛みとか骨の痛み、それには痛みを止める局所麻酔薬を、ブロック注射はやりますけども、今回のは、物理的にくっついてる(ファシアの)癒着を剥がすという注射なので、生理食塩水でも効果があるということです。」(金岡教授)

金岡教授自身が、実験で確かめたことがあります。

「インナーマッスル、深い所にある筋肉の活動を調べるために、筋肉の中に電極を刺して、筋肉の活動を計るというふうな実験をやっていました。そのときに、どこに痛みを感じるかというのを、聞きました。超音波で、針がどこまで進んでるかっていうのを見ながら進めました。」(金岡教授)

皮膚にチクりと針を刺した瞬間の痛みは、だいたいレベル5の痛みだったそうです。
そして...

「だんだんとさらに進めていくと、途中は痛くないのに、2回目の痛みがチクっとくる、それがファシアでした。痛みの程度は、皮膚と同じぐらいのレベル5程度、だから、皮膚と同じぐらいの痛みを、このファシアは感じるということが分かりました。ちなみに、筋肉の中に針が入ってしまったら、そこから先進めても、もう痛くないです。ということで、筋肉痛なんかも、筋肉そのものが痛いのではなくて、おそらくファシアが痛いということだと思います。」(金岡教授)

「ブロッキング注射の後、動かさないでいたら、またくっついてしまって、また元の木阿弥(もくあみ)になっちゃいますので、やはり、(日ごろから)ちゃんと動かすということが大事です。」(金岡教授)

和田明日香の美と若さの新料理

美と若さのお手軽動画

NHKオンデマンド

Page Top