口臭撃退!魔法のドリンク

2019年12月3日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

歯から美しく!口元美人


口臭撃退!魔法のドリンク


今回、2人の女性の病的口臭を、鶴見大学の大島教授に測定してもらいました。

1人目は、39歳のじゅりさん。
長年、お口に違和感を持っていました。
測定結果は、歯周病の口臭成分「メチルメルカプタン」の数値が、基準値を大きく超えていました

2人目は、42歳のかおりさん。
ご主人やお子さんに口がにおいと言われたことがあるそう。
測定結果は、わずかに基準値を超えていました。

今回測定した2人では、数値が大きく違っていました。
それぞれ、口臭対策の方法も、違ってきます。

数値の悪かったじゅりさんの対策は、 歯科医院で歯周病の状態をチェックすること。
これで、口臭の原因を確認します。

歯周病が進行している場合、口臭をなくすためにも、歯科クリーニングの治療を受けます。
歯周病の原因となる歯石や、歯の表面のプラークを除去してもらいます。

クリーニングは1回3,000〜5,000円で受診可能です。

さらに、毎日の歯磨きの指導。
正しい方法を続けることが大切です。

こうした治療を経て、後日ふたたび口臭測定。
結果は、メチルメルカプタンが基準値を下回る数値に!

きちんと治療し、口臭がなくなりました!

「定期的に歯科に通うのが大切です。」(大島教授)

2人目のかおりさんには、日常のちょっとした工夫で歯周病原菌を抑える実験に協力頂きました。

実は、大島教授の勧めるある飲み物ココアを飲むこと。

実は、ココアの持つポリフェノールが歯周病の原因となる細菌を減らし、口臭予防につながるというのです。

大島教授は、ポリフェノールを多く含む3つの飲み物ココア、紅茶、ウーロン茶でその効果を比較しました。

ウーロン茶は、6時間かけてゆっくりと、菌数を減らしていました。
紅茶は、菌が1時間ほどで減少、その後、およそ2時間かけてゆるやかに菌数を減らしています。
ココアは、実験開始1時間足らずで、歯周病原菌をほとんど撃退!

しかも、ココアが歯周病対策に適しているのは、ポリフェノール量が多いということ。
その量、紅茶の3倍以上!

そこでかおりさんに、歯周病原菌を減らすココア生活を始めてもらいました!
飲んでもらうのは、純ココア。
ポリフェノール濃度が高いため、効果が期待できると言います。

純ココアに、糖質ゼロの甘味料、お湯、または水100mlで溶かしたものを、日々の生活はそのままに、 毎食後、1日3回飲んでもらいました。

歯周病対策には、回数を分けて飲むことが重要。
1回の量は、マグカップ3分の1程度です。

そして、ココア生活を始めて、10日後
結果は、メチルメルカプタンの数値が基準値を下回り、口臭が改善!

10日間のココア生活で、見事爽やかな口臭に!

さらに抜群の効果があるのは、 ココアに加えて1回10分の正しい歯磨きを心がけること!

歯周病を予防し、口臭を防ぐ食生活、お試しください。

Page Top