歌って燃やせ!中性脂肪

2019年10月8日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

カラオケパワーで肺も血管も美しく


歌って燃やせ!中性脂肪


カラオケでときどき目にするのがこの「消費カロリー」。

ちなみにこちらは、2018年の紅白で歌われた曲のうち、消費カロリーが高い10曲を調べたもの。

これらの曲を思い切り歌えば、ダイエットになるってことでしょうか?
疑問に思いますよね。

そこでカロリー消費量を専門に研究している、国立健康・栄養研究所の田中茂穂さんを訪ねました。

カラオケでダイエットって、できるのでしょうか。

「およその数字ですけど、体重1kgを減らすには7000キロカロリーと考えられます。2000曲は歌う計算になります。」(田中さん)

なんと2000曲!?
カラオケだけでダイエットというのは、なかなかハードルが高いようです。

でも、あるものなら減らせるという情報を聞きつけました。

●●県のとある病院の院長 福田伴男さんを訪ねました。

病院の建物に併設されるカラオケの部屋。
高脂血症の治療をしている患者さんは、カラオケで歌を歌い、治療の効果を高めているというのです。

今回、調べてみるのは中性脂肪。
協力いただいた女性4人中3人は、中性脂肪の値が健康的な数値を大きく越えています。

この数値が歌を歌うだけでどうなるのか。
患者の皆さんには、大好きな演歌を5曲ずつ歌ってもらいました。

続いて、お笑い芸人の松丸ほるもんも参戦。
平成ヒットソングメドレーを歌います。

みんながそれぞれ5曲を熱唱。
その結果、中性脂肪を燃やすことができたのでしょうか。

たった5曲歌っただけでも、血液中の中性脂肪に、変化が。
歌の力は血管のなかにまで、届いているのです。

「歌を歌ってダイエットというのは大変です。でもひとつ重要なことがあります。呼吸筋の中にある、持久性の筋肉です。ですから我々は、ずっと疲れないで長く呼吸しています。実はこれが有酸素ですので、かなりエネルギーを使います。持久性の筋肉が活発に働くと、中性脂肪もかなり減ると思います。」(本間学長)

Page Top