ちょい足しで脳が若返る

2019年9月10日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

ウォーキング!ちょい足しの極意


ちょい足しで脳が若返る


次なるちょい足しを教えてくれるのは、筑波大学教授の征矢英昭さんです。

征矢教授は、運動が脳にもたらす効果を研究しています。

これまで激しい運動よりも、軽い運動のほうが、脳に良い効果をもたらすことを発見してきました。
ウォーキングはその代表です。

「ウォーキングすることによって脳の実行機能が高まる。認知機能が高まると言えると思います。」(征矢教授)

征矢教授は、さらにウォーキングに音楽を足すと、脳の認知機能が高まり、脳が若返ると言います

「ウォーキングすることによって脳の実行機能が高まる。認知機能が高まると言えると思います。」(征矢教授)

その効果を学生2人に協力いただき見せてもらいました。

実験で注目したのは、判断力や注意力を司る前頭前野の働きです。

2人の被験者には、7分間ウォーキングのみを行い、その後認知機能テストを行います。

もう一方では、音楽をかけながら7分間ウォーキングし、同じ認知機能テストを行います。

このウォーキングのみとウォーキングに音楽を足したときの認知機能の差を比べました。

まずは認知機能を左右する脳の活性度。
ウォーキングのみを100とすると…
音楽を加えたほうが、どちらも脳の活性度が高くなり、なんとAさんにいたっては200超え!

そして肝心の認知機能も調べました。

ウォーキングのみと比較すると…
どちらも音楽を加えた方が認知機能が上昇。Aさんに至っては30%以上も伸びていました。

脳が心地よい状態になり、認知機能がアップしたと考えられるのです。

「ウォーキングだけよりもウォーキングにグルーヴィーな音楽を聴いたほうが実行機能は高まっているという結果です。軽い運動でも認知機能が高まるということは、脆弱な方や運動嫌いな方には、朗報になります。」(征矢教授)

ウォーキングに音楽をちょい足して、脳を若返らせましょう!

Page Top