カラダの内側がヤバい!新・オヤジ臭


カラダの内側がヤバい!新・オヤジ臭


これまでみてきたオヤジ臭。
それとは違う、強烈なニオイがあるといいます。
臭気判定士の石川さんは、そのことも嗅ぎ分けていました。

オジサンたちから次々と感じられた、鼻の奥にじりっとくる刺激臭。
その名は"疲労臭"です。

このニオイは、拭いても防げない恐怖のニオイ、
つまりカラダの内部から出てくるニオイなんです。

"疲労臭"とはいったいどんなニオイなのか、その名づけ親の一人、
医薬品原料健康食品メーカーの西村明仁さんに聞きました。

「疲労臭の原因となるのは基本的にアンモニアです。生活習慣の乱れとか、例えば夜の付き合いが多いとか、そういった形で肝臓の状態が低下してきてしまうと、アンモニアが汗と一緒に皮膚から漏れ出てしまうというのが疲労臭の元だと考えられています。」(西村さん)

そもそも、私たちが食べたタンパク質が、腸で消化、吸収されるときに発生するのが、アンモニアです。

アンモニアは、主に肝臓に送られ、そこで処理されて、一部がおしっことして排出されます。

ところが、肝臓での処理が追いつかなくなると、アンモニアが増え、皮膚から出るガスや汗にまじることがあるといいます。
つまり、全身からアンモニアのニオイを漂わせるという恐ろしい事態に!

タンパク質が多い食事や、カラダが疲れたり、飲酒などの不摂生によって肝臓に負担がかかっているときに発生しやすいのが、この疲労臭。

つまり、疲労臭は"お疲れ"の危険信号なんです!

「実は私は、加齢臭もミドル脂臭も出てもいいと思っているのですが、疲労臭だけはダメです。疲労臭は健康が損なわれたサインです。アンモニアはかなり毒性が強いので、肉を食べ過ぎたり、アルコールを飲み過ぎたりすると、結果的に血中にアンモニアが増えてしまい、行き着く先は皮膚から出る。つまり臭いニオイが強くなるということです。疲労臭は健康の問題ですから、男女まったく関係なく平等に出ます。疲労臭が出たら、カラダをいたわりなさいよということです。」(五味さん)

では、どうケアすればいいのでしょうか?

「疲労臭はアンモニアが内側から出てきてしまうものなので、外だけではなくて、内側のケアというものが重要だと思います。」(西村さん)

そう、肝臓に負担のかかるアルコールの飲みすぎや
高タンパクの肉などの食べすぎは良くないんです。

大切なのは、カラダの内側のケア。
その方法の効果を確かめるため、
名古屋工業大学の元教授、津田孝雄さんにご協力いただき、実験してみることにしました。

実験に参加するのは、
普段からお肉もお酒も大好き、不摂生オジサン2人。

番組ディレクターの中村裕、59歳と大川卓弥、47歳。

2人からどのくらいアンモニアが出ているのかを、まずは測定してもらいます。
30分間エアロバイクをこいでもらい...。

10分ごとに指先に蒸留水を吹きかけ、その水滴を採取しました。

結果、汗1mg中に含まれるアンモニアは、
ピーク時で中村さんが2.73㎍/mg(マイクログラム)
大川さんは2.76㎍/mg。
となりました。

まさにアンモニアのニオイ、疲労臭が出てきたのです。

この疲労臭に、内側からケアする方法はどういうものでしょうか?

「オルニチンというアミノ酸です。有害な物質であるアンモニアの無毒化に働いているアミノ酸になります。」(西村さん)

そうオルニチンは、しじみに多く含まれているアミノ酸の一種。

アンモニアを処理する肝臓の働きを助ける物質オルニチンを補うことで肝臓の機能を高め、アンモニアが皮膚から出てしまうのを抑えることが期待できるのです。
そこで!
番組では、2人にしじみのお味噌汁を毎日3食、5日間飲んでもらいました。

大川さんは普段と同じ、お肉ばかりの食事にしじみのお味噌汁をプラス。

それだけではさすがに不安なので、
中村さんには、オルニチンが多く含まれる食材でバランスが取れた食事をしたうえで、しじみの味噌汁をプラスしてもらいました。

皮膚から出るアンモニアを再び測定すると...
肉中心の食生活を変えずにしじみのお味噌汁を飲んだ大川さんは、約20%減の2.20㎍/mg。

そして!
しじみと同様にオルニチンが多く含まれるぶなしめじやヒラメなどの食材を加え、バランスのいい食事にした中村さんは...。

なんと、70%減という結果になりました。

「オルニチンは、研究レベルですが、口から摂取をした場合に肝臓の有害なアンモニアを無害な尿素に変えて、尿で排出するとき、無害化するのにすごく貢献しています。ですので、やはり続けたほうがいいと思うのですが、この実験を見て、これほど早く効果が出るものかと驚きました。それぞれの体質や、あるいは特に健康なバランス食を召し上がっていたことが、相乗効果で役立っているかもしれないですね。」(佐藤さん)

疲労臭対策で、ポイントとなるオルニチン。
豊富に含まれる食材は、ぶなしめじ、しじみ、キハダマグロ、チーズ、ヒラメなどです。

「ぶなしめじって100グラムあたりで比べるとしじみの十数倍にもなります。この中で一番多いのはぶなしめじです。ほかのキノコも多いです。エノキダケでも、エリンギでもいいと思います。ちょっとシメジをチンして入れるとか、いろいろ使えるので工夫の幅が広がります。しじみももちろんいいですし、ほかの栄養素の部分も大切です。いろんな種類を取ると、バランス良く栄養が取れるので、試して下さい。」(佐藤さん)

Page Top