甘酒で便秘解消!

2019年7月30日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

夏バテも!美肌も!甘酒パワー活用術


甘酒で便秘解消!


甘酒には、便秘解消にも効果ありというのが次なるテーマ。

まずは、酒かす甘酒から、そのヒミツをご紹介しましょう。
酒かすに含まれる、レジスタントプロテインという成分。
この成分が便秘解消に即効性があるというのです。

「このレジスタントプロテインというのはカラダで吸収されない食物繊維の一種です。食物繊維ですからカラダに入ってきません。ですから油を掴んだまま便として排出される。これは、即効性があります。早い人だと翌日か、2、3日の間には結果が目に見えてくるでしょう。」(渡辺教授)

便中の油の含有量を高めてくれるので、つるりとしたなめらかな便になって便秘を解消してくれるというのです!

ということで、便秘に悩むこちらの3人に協力してもらいました!
お通じは、週に1,2回、ひどいときには全くないという方も。

渡辺教授によると、便秘解消には1日酒かす50g分、甘酒 約2.5杯がおすすめ!

皆さんに10日間飲んでもらった結果です。
初日は便通なし。
3日たつと少し変化が!

そして4日後からが本領発揮。

10日で全員改善したのです!

酒かす甘酒の劇的な効果!
レジスタントプロテインの他に、もう1つ、腸内環境の改善という理由もあるそうです。

「レジスタントプロテインが効果を発揮しているのは、おそらく3日目、4日目、5日目。そして、後半の7日目以降に関係しているのは、酒かす甘酒に含まれている食物繊維です。この食物繊維が腸内の微生物のエサとなって、善玉菌、特に乳酸菌とかビフィズス菌が活発になって、腸内の環境が整ったことに加えて、さらに油を含んだ便になったので、皆さん快腸になったのではないかなと思います。」(渡辺教授)

この便秘解消パワー、米こうじ甘酒は、どうでしょうか?

「米こうじ甘酒のグルコシルセラミドも、大腸まで届きます。ですからこれも同じく、やっぱりツルッといく要因の一つになると思いますね。米こうじ甘酒もまた腸内環境の改善に、確実にいい面がありますので、同じような効果があるといると思います。」(北垣教授)

Page Top