リコピン吸収アップ!美と若さのトマト料理

2019年7月9日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

美と若さの宝石箱!トマトの魔法


リコピン吸収アップ!美と若さのトマト料理


<トマトのダゴ汁>

(材料)4人分

トマト(すりおろし)……1個
小麦粉……100g

いりこだし……800ml
白だししょうゆ……大さじ3
こい口しょうゆ……小さじ1
鶏もも肉……100g
大根……200g
さといも……100g
にんじん……50g
しめじ……100g

トマト(ざく切り)……2個

(作り方)

小麦粉でお団子を作る際、水を使わずに、トマトのすりおろしを使うのがポイント。

小麦粉が入ったボウルに、すりおろしたトマトを入れ、かきまぜます。

沸騰したお湯に、スプーンですくって団子を入れていきます。
団子の色がオレンジになったら、リコピンが吸収されやすくなった証しです。

ゆであがったら、団子を肉や野菜がたっぷり入った煮汁の中に入れます。
いりこだしとトマトのうま味成分グルタミン酸が合わさってうま味たっぷりに。

(煮汁の作り方)

①鶏もも肉をひと口大に切り、酒(大さじ1)をふっておく。
②鍋にサラダ油(大さじ1)を入れて、鶏肉を炒める。
③鶏肉に焼きめがついたら、だし汁(いりこだしと白だししょうゆ)を入れ、大根、さといも、にんじん、しめじを入れて、アクを取りながら煮る。
④団子を入れたら、こい口しょうゆで味を整える。

さらに、ポイントは追いカツオならぬ、追いトマト。
ざく切りのトマトを入れてじっくり煮込みます。

リコピンは熱に強いので、減ることはほとんどありません。
具材に火が十分通ったら、完成です。

 

<トマトの炊き込みごはん>

(材料)4人分

お米……2合
トマト……1個
干しエビ……8g
昆布茶……こさじ1
水……400ml
オリーブオイル……大さじ1

(作り方)

洗ったお米に、あらかじめ炒めておいたトマトを入れます。

水でもどした干しエビを細かく刻み、加えます。

調味料に、昆布茶を入れて水を入れます。

リコピン吸収アップの工夫、オリーブオイルを入れます。

炊飯器の設定を30分にして、炊飯器のスイッチオン。
炊き上がったら、完成です。

Page Top