ベタベタ汗は老化のサイン!

2019年5月14日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

汗の老化が美をむしばむ!


ベタベタ汗は老化のサイン!


街で聞いてみました。 あなたの汗はサラサラ?ベタベタ?

「汗はかきたくない。ベタベタするから」
「くさい!」
「かきたくない」
という声。

なかでも多いのが、においやベタつきが気になるので汗をかきたくないという人!

でも、汗をかかなくなる美と若さが損なわれるって、知ってます?

実は、ベタベタ汗はカラダが老化しているサインなんです!

サラサラした汗とベタベタした汗は何が違うのか。
汗の老化を研究している、大阪国際大学教授の井上芳光さんを訪ねました。

井上教授に協力を頂いて、実験的に作ったのは、こちら、サラサラ汗とベタベタ汗。
ベタベタ汗には、ある物質Xが入っています。

もう1つ用意したのは、シャキシャキのキャベツ。
かけてみると、驚きの違いが。

なんと、ベタベタ汗をかけた右のキャベツはハリを失って、しんなりしてしまいました。

さぁ、物質Xの正体、わかりますか?

答えは・・・塩。
ベタベタ汗とは、実は、塩がたっぷりの汗なんです。

「塩分がたくさん入った汗をかいていますと、皮膚にたくさん塩分が残ります。そうすると、ベトベトの汗を感じると思います。」(井上教授)

実は、汗の塩分の濃度は年齢とともに上がる傾向があります。
20代と60代で、塩分の指標、ナトリウムの濃度を調べたところ・・・

60代は20代の2.5倍に。
だからこそ、ベタベタ汗は老化のサインなんです。

「高齢になるということは、汗をかく機会が減ってきます。そうすると老化が起こってくると考えてください。若い人で、エアコンディションの中にずっといて、汗をかかない生活をした時には、やっぱり老化の方向に動いていきます。」(井上教授)

若いうちからベタベタ汗を感じてる、そこのあなた!
汗の老化、もう進んでいるかもしれませんよ。

「老化のサインとしては、発汗量が減ってきます。それから汗の中に含まれる塩分が多くなってきます。これが老化のサインです。」 (井上教授)

「最初は足から老化が起こってきます。その中でもふくらはぎのほうの足から老化が起こってきて、汗が出なくなってきます。次に太もも、裏と表があるとしたら、裏のほうが先にきます。そして、背中、胸、次に腕になります。下のほうから順番なのが、おわかりでしょうか?頭が最後になります。ブレインクーリングと言って、脳の温度を上がりにくくするということは大事なことですよね。老化から考えた時に、1番最後まで大事な頭を残していくというわけです。」 (井上教授)

NHKオンデマンド

Page Top