アンチエイジングに半熟卵

2019年3月5日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

パーフェクトフード!たまごで美肌と健康を


アンチエイジングに半熟たまご


ダイエットには固ゆで卵がいいということがわかりましたが、
実は、アンチエイジングにはまた違ったたま調理法がオススメなんです。

さきほども登場していただいた、たまご料理研究家の友加里さん。
お気に入りの調理法を教えてもらいました。

作るのは「ふわとろ納豆オムレツ」です。
納豆、ネギ、みりん。
そこにたまごの黄身だけはとりわけて、卵白だけを入れ、混ぜます。

そのあとはレンジで600w、1分加熱。
最後にとりわけていた卵黄をのせて完成。

この「卵黄は加熱しない」のがアンチエイジングにいかす、料理のポイントなのです。


なぜなら卵黄の色、期待の抗酸化物質・カロテノイド色素は熱に弱いため、沸騰状態で加熱し続けると23%も失われてしまいます。

同じく、美肌のヒケツであるビタミンB群、免疫力を高めるビタミンDに至っては、40%も失われてしまうのです。

これらのアンチエイジング成分を生かすなら、卵黄はなるべく生のほうが良いのです!

ところが困ったことに、卵白は逆!
生の状態だと、消化酵素に強く反発してしまい、タンパク質はおよそ50%しか吸収されないそう。

しかしこれを加熱すると・・・吸収率はなんと、90%超え!
つまり、卵白は加熱したほうが吸収が良いのです。

この卵黄と卵白の相反する特性。
うまく生かす方法は…そう、半熟卵!

しかし、「半熟」とひとくくりに言っても、ゆで時間がちょっと違うだけで、卵黄はこのように変化します。

目指すのは、卵白だけしっかり火が通り、卵黄はできるだけ生に近い状態の「究極の半熟卵」。
作るには、どうしたら良いのでしょうか…?

理想的な「半熟卵」を求めて、訪れたのは、京都・東山三条、京懐石の料亭。

ついに究極の半熟卵と対面。
八寸と呼ばれるこちらの料理に、半熟卵が!

箸でもちあげてみると、卵白はしっかりと火が入り、卵黄はご覧の通り、トロットロ!

卵黄のアンチエイジングもバッチリ!
卵白の栄養吸収もバッチリ!
まさに究極の半熟たまごです!

理想的な半熟卵なのですが、どうやって作ればいいのか。
同じ京都にいる京都女子大学教授 八田一さんに協力を求めました。


ご家庭でも簡単に再現できる、「究極の半熟卵」の作り方。
次の記事でご紹介します!

NHKオンデマンド

Page Top