美尻の決め手は太ももと背中

2018年12月11日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

ストレッチで めざせ美スタイル!


美尻の決め手は太ももと背中


日夜ストレッチに励んで美しいスタイルを手に入れた、ミス・ユニバースの加藤遊海さん。

もっとお手軽なストレッチで美スタイルを手に入れることはできないでしょうか?

早稲田大学スポーツ科学学術院教授 金岡恒治さんを訪ねました。

加藤さんの映像から、ストレッチの重要なポイントをうかがいいました。

金岡教授が選んだのは、足の開脚

「ハムストリングス、という太ももの後ろの筋肉ですね。ハムストリングスがしっかりと伸びる、やわらかい、そういうことが骨盤の傾きを調整する上で重要です。」(金岡教授)

ハムストリングスは、太ももの裏にある筋肉です。
膝の裏から骨盤まで伸びているため、骨盤の傾きと深い関係があります。

ハムストリングスがかたく縮みがちだと、骨盤全体が後ろに引っ張られ、お尻が下がってしまいます。

逆にストレッチによってハムストリングスをやわらかくできれば、骨盤を前に傾けやすくなります。

つまりハムストリングのストレッチで、美スタイルにかかせないヒップアップができるというわけです。

加藤さんの姿を横から見て見ると、確かにお尻が見事に上がっています!?

この美しいスタイルを実現していたのが、ハムストリングスをストレッチする開脚だというのです。

さらに金岡教授、美しいヒップアップと姿勢を手に入れるには、もう1か所ストレッチするべきだと言います。

それは背中。その理由も骨盤が関わっています。

「骨盤が前に傾くと、カラダが前に倒れようとしますので、そうならないように、ある程度前湾といって、前に反った綺麗なカーブを描く必要があります。」(金岡教授)

ヒップアップすると上半身は前に傾く力を受けます。

この力に逆らってカラダをまっすぐに保つには、背中を弓型に反らさなければいけません

そのためには背中のやわらかが必要です。

実際に加藤さん、綺麗に背中を反らすことができています。
その結果、S字を描いた見事なプロポーションが出来上がっているというわけです。

金岡教授から教えてもらった、美しいスタイルを生み出す2つの場所。


もっと手軽な方法はないのでしょうか?

近畿大学生物理工学部 准教授 谷本道哉さんを訪ねました。


谷本准教授は筋肉のスペシャリスト。
筋肉を太くするのも、やわらかくするのも思いのまま。

作っていただいたのは2種類のストレッチ。

2種類のストレッチのやり方は、今日から役に立つ生活術でご紹介します!

NHKオンデマンド

Page Top