自分でできるむくみケア

2018年7月3日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

めざせ!あなたも小顔美人


自分でできるむくみケア


朝、特に顔が大きくなるというのが、
朝いちばん、お化粧もせずに来てくれた近藤さん。
顔もぱんぱんだといいます。

そんな近藤さんが訪れたのは、
むくみを専門にしている研究所。主任研究員の米原恵理子さんです。

 

むくみはリンパが滞って起こります。
今回は米原さんが、自分でできる顔のむくみの解消法を教えてくれます。


顔のむくみの解消法は、なぜか顔を最初にするのではなく、
鎖骨付近から行っていきます。
鎖骨付近のリンパ液の流れを良くするとのこと。

まず、鎖骨の奥を開くイメージで
肩を前から後ろへまわします。

なぜ鎖骨が最初なのか。

リンパの流れに理由があります。
リンパは一方向に流れています。
その流れの最後の出口が、首の付け根の、鎖骨付近にあるのです。

 

まず鎖骨付近のリンパを開くことで、顔のリンパも流れやすくなるのです。

肩をまわした後は、さらに鎖骨のくぼみを、円を描くようにさすると効果的。

 

次は首のリンパ。
首も円を描くようにさすって、鎖骨のくぼみまで流します。

 

そして、耳まわり。
人差し指と中指で耳をはさみ、鎖骨のくぼみまで流します。

 

ここまでが下準備です。
耳から鎖骨までのルートが流れたら、顔のケアに入ります。

顔のケアは3段階。
まず、アゴの下から耳。
そして、ほおから耳。
最後に顔から耳。そこから鎖骨へ流していきます。

 

こういったケアは朝晩
化粧水や乳液を塗りながらするのも
ちょっとしたコツ。

いちばん大切なのは、ケアするときの手の力
スポンジの山が少しへこむ程度の極めて弱い力で行って下さい。

Page Top