和田明日香 美と若さの新料理

2018年5月1日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

味噌(みそ)から発見!美容パワー


和田明日香 美と若さの新料理


これだけ健康にいいとわかったとしても、
やっぱり毎日!?となると、味噌をとり続けるのは大変…。

普段とっている塩分を、できるだけ味噌からとるように工夫する。
その考え方は、十分わかるのですが、どうやったらいいのか、
あまりイメージわきません。

今回は、そんな悩みを解決する、味噌を使った洋食レシピをご紹介します。
ぜひお試しください!


<塩分を味噌に置きかえ! ミーソソース>

和田明日香さんが味噌を使って、塩やケチャップを使わずに作れるミートソースを考案してくれました。

(材料) 4人分
オリーブオイル……大さじ1
にんにく……1かけ
たまねぎ……小1個
セロリ……1本
マッシュルーム……4個

牛ひき肉……300g
こしょう……少々
にんじん……1本
トマト(ホール缶)……1缶
ローリエ……1枚

麦味噌……大さじ4
砂糖……2つまみ
粉チーズ……大さじ2

 

 

<とうもろこしと焼きこんにゃくの味噌ドレッシングサラダ>

美肌効果があるというグルコシルセラミドが含まれる食材、味噌、こんにゃく、とうもろこし、りんごの皮、甘酒をふんだんに使ったサラダを和田明日香さんが考案してくれました。

(材料)4人分
とうもろこし(缶詰)……1缶
こんにゃく(アク抜きして1cm角)……小1枚(120g程度)
オリーブオイル……小さじ1
ハーブソルト……1つまみ

米味噌……大さじ3
甘酒……大さじ1
マヨネーズ……大さじ1
すりごま……大さじ1
オリーブオイル……大さじ2

きゅうり(1cm角)……1本
紫たまねぎ(みじん切り)……1/4個
りんごの皮(粗みじん)……1/2個
ハム(1cm角)……2枚

 

<乾板(かしいた)の味噌漬け>

発酵食品の研究一筋、小泉教授がとっておきのレシピを教えてくれました。

「僕の家では、乾板の味噌漬けを作っているんです。乾燥(かしいた)は、昆布のこと。

作り方は、
味噌を買ってきて、その中に北海道の昆布をズブズブってさしておくだけ。

1~2か月たつと、味噌が昆布のだし汁をすっちゃうからとっても美味しい。
さらに昆布が、味噌のうま味を吸うからベッコウ色になってくる。つまり昆布の味噌漬け。
これをみじん切りに切って温かいご飯の上にのせただけで、もう最高の美味しい昆布をいただける。味噌も美味しくなる。」(小泉教授)

NHKオンデマンド

Page Top