太りにくい体質に!「断食のメモリー」とは?

2017年6月1日(木)BSプレミアム 午後9時00分~ 午後10時00分

断食はダイエットにあらず 体質改善のスイッチだ

06-33.png06-33txt.png


<太りにくい体質に!「断食のメモリー」とは?>

そもそも「断食」とは、「食物を絶つこと。宗教上の慣習や、また祈願・抗議をするときに、一定の期間食物を食べないこと」(広辞苑より)と定義されています。
俳優の榎木孝明さん(61歳)は、おととし30日間何も食べない「不食生活」を実践して大きなニュースになりました。榎木さんは不食中の変化として、「持病の腰痛がなくなった」「セリフの覚えが速くなった」「スタミナが増した」「睡眠が深くなり、4時間で十分になった」と記録しています。


06-33txt.png

 

しかし、こうした効果は数値で測りにくいことから、これまで科学的な研究の対象にはなりにくいとされてきました。ところが、2011年にアメリカ心臓病学会でインターマウンテン医療センターが発表した、宗教上の理由から断食をしている人々に関する研究が大きな注目を集めています。

モルモン教徒が住民の6割以上を占めることで知られるアメリカ・ユタ州。モルモン教徒は毎月最初の日曜日に、24時間水以外は口にしない断食を行います。

06-2.jpg

 

そこで、この町のモルモン教徒と同じ町に暮らす一般の住民と病気の発症率を研究者が比べてみると、心臓病の発症が39%、糖尿病は52%も減少していることが判明。さらに、動脈硬化の指標となる数値も断食している人のほうが13%も成績が良かったのです。

06-3.jpg

 

日本でも慶應義塾大学教授 伊藤裕さんの研究チームが断食によって起きるカラダの変化を、マウスを使った実験により分子レベルで解明しようとしています。

06-4.jpg[取材協力 慶應義塾大学 伊藤裕教授]

 

実験では、若い元気なマウスを2つのグループに分け、一方のマウスには通常のエサを毎日与えます。もう一方のマウスはまず3日間の断食を行い、その後の3日間はエサを与えるという食生活を1か月続けます。そして今度はエサを高カロリーのものに切り替え、両方のマウスに毎日同じ量だけ与え続けると、断食をしなかったマウスに比べ、断食を繰り返したマウスは、体重の増加が13%も抑えられていたのです。
断食を経験したことで、太りにくい体質に変化していたのです。
断食の期間が1日だけでは体質の変化は認められず、3日間の断食を経験したマウスだけにこうした現象が起きていました。

伊藤教授はこの結果を次のように説明します。

「カラダに対して、食べ物が少ないという一時的に危機な状況を知らせるということです。断食っていうのはかなりショック療法に近く、過激なことをカラダに与えると、一時的であってもカラダに残りやすい。それを断食のメモリーと呼んでいます。」(伊藤教授)

06-5.jpg

 

伊藤教授が注目するのは、断食によって起きる体質改善がいっときだけの効果ではなく、長く続くことです。マウスの実験では1か月の断食を終えたあと、通常のエサに戻してからも、3か月以上も体質改善の効果が継続したのです。

「人類の歴史の中でほとんど物が食べられないことが多かったので、生き延びるための仕組みがカラダに備わっていった。みんな本当は伝家の宝刀みたいなものを持っていて、それを使うようなカラダに変えようというのが断食。断食をすることによって、眠っているスイッチをオンにするというのが断食のひとつの根本の考え方です。」(伊藤教授)

 


06-34.png06-34txt.png


<断食はアンチエイジング! 「サーチュイン遺伝子」とは?>

断食がアンチエイジングにつながる!? 
そんな期待を抱かせてくれるのが、アメリカ・ウィスコンシン大学で行われている老化研究のデータです。生まれたばかりのアカゲザルを80匹以上集め、20年以上飼い続ける壮大な実験を行っています。

右のサルは皮膚にはシワが多く、たるみもあって、たくさんの毛が抜けています。ところが左のサルは、皮膚がたるんでいるどころか、張りがあって、毛並みもツヤツヤ。この2匹はどちらも同じ24歳。人間で言うと75歳ほどのお年寄りです。同じ年齢で、なぜこんなにも違いがあるのでしょうか?

06-6.jpg※アメリカ・ウィスコンシン大学の研究

 

2匹のサルの生育環境は全く同じで、違うのは食事の量だけ。実は、若々しく見えたサルには、通常の食事の量より30%少ないエサを与え、カロリー制限をしていたのです。
寿命にも明らかな差が出ていました。通常の食事を与えられたサルが老化によって50%までに死亡した時点で、カロリー制限をしたサルは、まだ80%も生き残っていたのです。 

 06-8.jpg

06-32.jpg

 

果たして人間でも効果はあるのか?
その調査をしたのが金沢医科大学 教授の古家大祐さんです。
古家教授は30代から60代の男性4人に、通常の必要摂取カロリーから25%制限した食事を7週間続けてもらい、その結果を調査。すると、ある遺伝子が活性化していました。

06-9.jpg

その遺伝子とは、「サーチュイン遺伝子」。若返り遺伝子とも言われるこの遺伝子は、誰もが持っていて全身の細胞に存在しています。普段は眠っていますが、カロリー制限をすると、サーチュイン遺伝子からサーチュイン酵素が作られます。この酵素が別の遺伝子のスイッチをオンにする役割を果たすのです。


06-10.jpg

免疫細胞をおとなしくさせ、血管の老化を抑えたり、傷ついた遺伝子の修復をしたり、なんと100以上の方法で老化にブレーキを掛けてくれるというのです。その結果、肌や筋肉、血管などの若さが保たれるのです。

 

古家教授が行った実験の結果です。

06-11.jpg出典:サーチュイン酵素の変化図 ※古家教授の研究資料より

 

色が濃いほどサーチュイン酵素が働いていることを表しています。7週間のカロリー制限で、サーチュイン酵素が最大で10倍になっていました。さらに古家教授が注目しているのが、カロリー制限よりももっと短期間で行う食事制限、断食です。

 

06-12.jpg

出典:2014年12月28日放送「おしえて!ガッカイ 3日で若返りスペシャル」より

 

2014年に古家教授が行った断食の実験では、48時間の断食で2倍から4倍のサーチュイン酵素が働き始めることが確かめられました。断食はカロリー制限よりもアンチエイジングのスイッチを短時間でオンにできる近道ではないか。そんな期待が高まっています。古家教授はサーチュイン遺伝子について次のように解説します。

「サーチュイン遺伝子はカラダの中にある、指揮者みたいなもの。
何を指揮してるかというと、ちゃんと元気で病気にならずに長生きするスイッチになってます。
スイッチをオンにすることができるのが、断食であったり、いわゆる空腹。スイッチは空腹のときしか出てこないんです。」(古家教授)

NHKオンデマンド

Page Top