• トップページ
  • 特番

悪夢

主演:ハウス加賀谷(松本ハウス)
  • 11月28日放送直前!メイキング&見どころ紹介
  • 12月5日バリバラ特集ドラマ「悪夢」(※54分)
  • 12月12日ドラマ「悪夢」アフタートーク
三角形
三角形

“バリバラ・ファミリー”大集合! 初のドラマ企画

「バリバラ」では、障害者週間(12月3日~9日)にあわせて、
12月5日(金)、放送時間を拡大し(54分)、特集ドラマをお届けします。
幻覚のため、どこにも雇ってもらえず葛藤する統合失調症の男性が、
さまざまな障害のある人たちとの交流を通して、
自分の障害を受容していく過程をコメディータッチで描きます。

主演は、お笑い芸人のハウス加賀谷。
彼自身、12歳の時に統合失調症を発症し、入退院を
繰り返してきた経歴を持っており、ストーリーには、
彼の実体験があちこちにちりばめられています。

友人役には、同じく「バリバラ」でおなじみ、
ダウン症のタレント・あべけん太。
「おっぱい大好き」けん太が、彼のお茶目な人柄そのままに、
主人公を勇気づけていきます。
“バリバラ・ファミリー”を自称する実力派俳優の
カンニング竹山と杉田かおるも出演。

テレビ史上初!?となる、統合失調症×ダウン症の
ハートフルコメディーです。

ハウス加賀谷
あべけん太
三角形

あらすじ

ドラマ悪夢 シーン
ドラマ悪夢 シーン

統合失調症の真(ハウス加賀谷)は、シロイヒトの幻覚に襲われ、
働くことができない上、ひたすら病気を隠しているため友達も作れない。

ある時、真は障害者だらけのラウンジ「悪夢」を訪れる。
そこには、全盲、ろう、脳性まひ、難病など、
さまざまな障害者が集い、飲み、歌い、踊り、みんな楽しんでいる。
自分の障害を隠そうとする真は、最初はなじめないでいるが、
女主人の紗江(片山真理)と
ダウン症のバーテンダー光司(あべけん太)と出会い、
次第に、その世界に魅了されていく。

そんな時、謎の男(桂福点)が現れ、
真に奇妙な果実を手渡し、
「これを食べると障害がなくなる。・・・ただし記憶もなくなる。」
と究極の選択を迫る。

ラウンジの仲間にも相談するが、
「食べるべきだ!」「障害も含めておまえの個性だろ!」
「だまされている!」「障害がなかったらいろんなことができる!」
いろいろな意見が噴出。

悩んだ末、真が選択した道とは・・・。

三角形

出演者

ドラマ悪夢 シーン

ハウス加賀谷(統合失調症) / あべけん太 (ダウン症のタレント) / 片山真理 (両足切断のアーティスト)
桂福点(全盲の落語家) / カンニング竹山 / 杉田かおる(声のみ) / 松本キック ほか

三角形
三角形