番組詳細 今までのバリバラにもどる

 

11月21日(金) O.A 再放送 11月26日(水)0:25~(火曜深夜)

  • エンタメ・アート
  • SHOW-1グランプリ in 大阪大学 ~後編~
    ゲスト:はるな愛・たんぽぽ・松本ハウス
    ふかわりょう

日本一おもしろい障害者を決める「SHOW-1グランプリ」第5弾、いよいよ後半戦!前半1位の「あそどっぐ」に挑むパフォーマーは、4組。SHOW-1史上初の連覇をねらう前回王者、TASKEも登場。果たして第5代王者に輝くのは誰だ!?

 

今回の名言

  • 「もっといけ!」
  • (「たんぽぽ」 川村エミコ)
  • … “けなげな障害者”を装いながら毒をまき散らすピン芸人・鈴本ちえ。「障害者にだって汚い部分もある」と、今回は公園デートにやってきた女の子のブラックな心情を吐露。そんな裏の感情に共感してか、女性芸人・川村の口をついて出た、後押しのひと言。きっと女子からの得点も高かったに違いない。
  • 「アゴでもあんな作れない」
  • (「たんぽぽ」 白鳥久美子)
  • …前回チャンピオンのTASKE。自身の持つ高次脳機能障害を元に、短歌や紙芝居など様々なレパートリーでネタを披露。その多彩さに出演者一同から驚嘆の声が上がった。白鳥がネタにしている自身の特徴と比べ、一つの障害からこんなにもネタが広がるのか、という驚きと賛辞がこめられた言葉。
  • 「寝たきり障害者がキャラ負けした」
  • (あそどっぐ 脊髄性筋萎縮症)
  • …優勝したTASKEに向けた、ライバル「あそどっぐ」の敗者の弁。寝たきりのインパクトで普段はキャラ負けすることはないというあそどっぐだが、「SHOW-1」には高次脳機能障害、発達障害、脳性まひ、性同一性障害など、キャラの強烈すぎる障害者が続々登場。SHOW-1の層の厚さも表した名言。
  • アフタートーク
  • 「ミラクルを起こすことが
    できました!」
  • 優勝者 TASKEさん

第5回SHOW-1グランプリ、優勝おめでとうございます! しかも初の二連覇! 以前おっしゃっていた30代の最後を飾ることができましたね。
「あー! ありがとうございます! おつかれさまでした! いやー、ほんとなんて言うか、まさか自分でも優勝するとは思ってなかったんで。はい」

リハーサルの段階ではネタが長過ぎて、悩んでるように見えたんですが。
「そうですね。でもまぁ、なんとしてでもこの大舞台に立ったからには、お客さんたちを笑かさなきゃならねえな!と思いまして。セリフも不完全な感じだったんですけど、半分はアドリブで。だけど、だいぶ練習はしたんで。はい」

今回の勝因はなんだと思います?
「数日前に、大阪大学会館がデカい会場だということを知りまして。後ろの方にいるお客さんにも届くようなお笑いをやろうと思いましてね。でも紙芝居ですから、遠くにいるお客さんの心をつかめませんからね、とにかく声を出して、自分を奮い立たせて。ミラクルを起こすことができました!」

次の目標はやはり三連覇?
「そうですね。でもネタが思いつくかどうか、ですね。その時は考えてみます」
おめでとうございました!

番組twitter

随時配信しています。
番組の最新情報やエピソードを
つぶやきます。

※別ウィンドウ NHKサイトを離れます