番組詳細 今までのバリバラにもどる

 

8月29日(金) O.A 再放送 9月3日(水)0:25~(火曜深夜)

  • エンタメ
  • テーマ 「アート」
    アート② “アメリカ人松葉づえダンサー初来日!”
    ゲスト:アン ミカ・FISHBOY

世界的に有名なアーティスト、ビル・シャノンが初参戦!ブレイクダンスと松葉づえを融合させた不思議なパフォーマンスを披露。パフォーマンス誕生の裏側や技の秘密を紹介する。さらにダンサー、FISHBOY とのセッションも!バリバラならではの競演です。

 

今回の名言

  • 「好きなのをずっと追求していってるだけの話」
  • (玉木幸則 脳性まひ)
  • …ビル・シャノンさんのパフォーマンスが生まれた経緯を聞いた、玉木さんのひと言。ビルさんは、ストリートダンスやスケートボードが流行っていた時代背景のなかで、それらに魅了されて自分のパフォーマンスが生まれたと話した。障害者のアーティストというと、どうしても障害との関係を注目されがちだが、彼らは、障害があるからアーティスト活動をしているのではなく、アーティストとして表現したいことを追求しているだけだと実感したときに生まれた名言。
  • 「ノーボーダーなんです」
  • (FISHBOYダンサー)
  • …ビル・シャノンと息のあったダンスを披露したFISHBOYさん。障害、言葉の壁、すべてを乗り越えてしまうものが、アートだということを表した名言。二人は、ダンスを通して、お互いを分かり合えたようだ。
  • 「生き方ですね」
  • (ビル・シャノン アーティスト)
  • …自身にとってパフォーマンスとは何かを問われたときの答えがこちら。パフォーマンスを通して、出会った人とコミュニケーションをとってきたビルさん。パフォーマンスは自身の存在やものの見方を決定づける根源的なものになっている、ということがよくわかる名言。
  • アフタートーク
  • 「ダンスや音楽がつなげてくれる」
  • ゲスト FISHBOYさんの収録後の感想

収録おつかれさまでした! 今回は前回に続き、アートがテーマ。FISHBOYさん、アーティスト、ビル・シャノンさんとのコラボレーション、バッチリでしたね。
「いやー、おもしろかったですね。(障害者と)どう話していいのかわからないとか、気を遣っちゃうことが多いと思うんです。こんなこと言うと失礼なんじゃないか、とか。でも今日は障害を持ってる方の考えを深いところまで聞けたし、今後(障害者との)付き合い方が変わってきそうですね。障害を障害と思ってない、とかそういう考え方もあるんだ!って」

ビルさんは松葉づえをそのまんま自分のダンスに取り入れてますしね。もはやあの松葉づえはダンス用のものに見えたくらいです。
「完成されてましたね。ダンスは自然発生的に生まれたものなので、ビルさんも松葉づえを使うという状況から、あんなダンスが自然に生まれたわけですよね。遊びながら生まれてきたダンスなんだろうけど、相当努力したんだろうなとは思いますね。奇跡ですよ」

ビルさんは障害者のアーティストということで、最初、コラボレーションに戸惑いはありませんでした?
「やっぱり相手がダンサーだと、ダンスや音楽がつなげてくれるので、コミュニケーションはまったく問題ないと最初から感じてましたね」

なるほど。バリバラは障害者のバラエティーですが、番組自体への感想ってあります?
「バラエティーって、よくひとをイジッて笑いにしたりしますよね。障害者とどうコミュニケーションしていいかわからない、というひともいるわけで。それをミックスしている、というのがスゴいですね。そこがおもしろい。(障害者の話を)ストーリー仕立てにしてないというか、無理のないというか。みんな自然体でご意見をおっしゃってて。それが、作られた意見という感じではなかったですしね」

番組twitter

随時配信しています。
番組の最新情報やエピソードを
つぶやきます。

※別ウィンドウ NHKサイトを離れます