番組詳細 今までのバリバラにもどる

 

8月22日(金) O.A 再放送 8月27日(水)0:25~(火曜深夜)

  • エンタメ
  • テーマ 「アート」
    アート① “切断女性たちの美の世界”
    ゲスト:アン ミカ・FISHBOY

病気や事故で足を切断した女性たちによるアートが、今、熱い。両足を切断したアーティスト・片山真理さんのセルフポートレートの作品や、11人の義足の女性たちがモデルとなった写真集「切断ヴィーナス」・・彼女たちが創り出す魅惑の美の世界を堪能する。

 

今回の名言

  • 「実際は、あの人たちのフェロモンなのよ、いいのは」
  • (片山真理 両足切断のアーティスト)
  • …「義足」や「切断者」ということにばかり関心を示す社会へのメッセージとして、片山さんが語ったひと言。3年前に片山さんが企画したライブショー、その名も「切断女の夜」。片山さんを含む4人の美女たちが、自分の義足を赤裸々に見せて歌い、トークし、観客を魅了した。彼女たちが魅力的なのは、義足や切断者だからではなく、彼女たち自身の魅力なのだと、伝えている。
  • 「あ、義足だった」
  • (大西瞳 義足のランナー)
  • …義足歴14年の大西瞳さんが、ある日歩いていて、自分が義足であることを忘れて、転んでしまった時、口をついて出たひと言。周りから見れば、義足は、歩くために作られた人工物。しかし今回出演した“切断ヴィーナス”たちは、毎日つけているとやがて自分の血が通っているように感じるようになると、口をそろえて話していた。
  • 「暮らし全体がもう、作品」
  • (玉木幸則 脳性まひ)
  • …ハイヒールをテーマに作品を作った片山さん。それは強いコンプレックスや憧れからなのだが、すべてを昇華させ、両足切断という身体の障害だけにとどまらず、自分が暮らしている空間をもさらけ出し、作品にしている彼女のかっこよさを絶賛した名言。
  • アフタートーク
  • 「かっこいい女の子と出会った!」
  • ゲスト アン ミカさんの収録後の感想

収録おつかれさまでした! 今回のテーマはアート。いつものスタジオをギャラリー風に大胆に変更し、「切断女性たちの美の世界」と題した企画でした。義足のアーティスト片山真理さん、かっこよかったですね〜。アン・ミカさん、バリバラ初登場ですが、いかがでした?
「むっちゃ、元気になりましたね(笑)。真理さん始め、みんなと友達になりたい! ほんとかっこいい女の子と出会った!という感じですね」


どこに魅かれましたか?
「みんな生きててね、自分を好きになれるところ、なれないところがあって。そこと向き合って、きれいになっていくと思うんです。彼女は自分の人生と向き合って、前に進んでる、そこですね。私、自分に言い訳してやってないこといっぱいある…気付かされましたね」

義足や足をテーマに彼女にしか作れない世界観がありましたよね。
「収録で須川まきこさんもおっしゃってたけど、義足である、というのはひとつのキッカケだったのかもしれない。それを通して個人の表現がある・・・というのがかっこよかったですね。あと彼女のタイツが可愛かったので、それどこの?って聞きたかった(笑)」

この「バリバラ」への印象はいかがです? 初登場とは思えないくらい、番組になじんでいらっしゃったように見えました。
「父親が早くに声帯を失ったこともあったし、それに小さい頃から友達に(障害者が)いる環境で育ったので、壁はないというか、なじめていたのかも。あと思い出したけど、私たちモデルはよくこんなポーズ(腰に手を軽く置く)をするんですが、真理さんはそんな所作をナチュラルにやってたんですよ! 美意識が高い! スタジオで彼女は沈み込むソファに座っていたけれど姿勢をずっと保ってて。私モデル26年やってて、恥ずかしい!って思うくらい。モデルの中でもあんな美意識高い子はいないですよ。もう、義足がどうこうっていうより真理さんはもともと芸術家だし、女性としてもリスペクト!」

番組twitter

随時配信しています。
番組の最新情報やエピソードを
つぶやきます。

※別ウィンドウ NHKサイトを離れます